GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ラフレシア ガンダム名鑑ガム イラスト風塗装

ラフレシア ガンダム名鑑ガム イラスト風塗装

皆様、こんにちは。こんばんは。
令和に入って最初に製作したのがコチラの
「ラフレシア」ガンダム名鑑ガムのキットです。

静岡ホビーショー2019で様々な作品を拝見させて頂きましたが
なかでも筆塗り塗装を行っているキットの実物は衝撃的すぎて
何とか自分でもその表現に近づく事が出来ないだろうか…?
と思い、ラフレシアを塗ってみました。

結果的に…いつもの厚塗りっぽくなってしまったのですが
今回は塗料(アクリルガッシュ)を水でかなり薄めて重ね塗りしました。

小さいキットを綺麗に筆塗りする事を試したかったのですが
細かい塗り訳は…1/144スケールのガンダムの顔を
延々と塗り進めるような感覚で
小さいから作業時間が短くて済むなぁ~
というのは甘い考えでしたφ三φ(;3」∠)_

ここから撮影時の光源が逆になっています(画像左方向)

クロスボーンのマークは黄色を塗り
その上に薄めた黒を少し乗せただけなので
シッカリとした描きこみを行った訳ではございません。
1ミリくらいのサイズなので…

微妙に角度・光源が違うだけで動きが無くて恐縮です。
可動しないキットなので…

黒背景で立ち姿の画像がほぼピンボケして全滅してました。

白背景撮影の画像です。

各部画像はひとまとめで失礼します。

劇中ではグリーン部分は発光していたので
胴体のグリーン部分はそれっぽく塗ってみました。
また、羽根の内側にも少しだけ触手ケーブルを描き込んでおります。

以前、製作したSDのF91の質量を持った残像モデルと一緒に撮影。

SD ガンダムF91 質量を持った残像 イラスト風塗装

これをやりたかった…です(;´Д`A “

製作・塗装過程です。

1・素組み状態です。大きさ比較に接着剤の瓶を置いてみました。

2・パテで合わせ目を埋めました。完全ではありませんが。
  ラフレシアは全て対象のデザインだと思っておりましたが
  一部バーニアがパイプ状で横に繋がっていました。(2b画像)

3・いつもの様にアクリルガッシュの黒で下地塗装(筆塗り)しました。

4・赤部分をアクリルガッシュのカーマインで塗りました。

5・赤部分に一段階明るい色を塗りました。
  左が元の状態、右が重ね塗りした方になります。
  今回はリターダー(塗料の乾きを遅くする、ボカシ効果)を
  実験的に使ってみましたが…

6・更にもう一段階明るい赤を重ね塗りしました。(赤は3色目)
  多少…色の重なりを実感しますが
  リターダーの効果はイマイチ実感出来ませんでした。

7・赤部分の塗装、重ね塗りを終えた状態です。
  正直、この状態でも良かったような気がします。完成した今では。

8・バーニア内の紫、黄色のライン部分を塗りました。
  この後の段階の画像は塗り作業に没頭して忘れてしまいました…
  羽根(部分?)はバラした状態で塗装を進めました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ラフレシア(ガンダム名鑑ガム キット)を筆塗りしました。

コメント4件

  1. @sawat1203 5か月前
    • リューノ 5か月前
  2. 副店長 5か月前
    • リューノ 5か月前

リューノさんがお薦めする作品0件

  • メガドラ兄さん

  • オオイズミヨゥッガイ (どうでしょう新作発表記念)

  • ブリッツガンダム ミラージュコロイド風塗装