GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

R・ジャジャ(袖付き)

R・ジャジャ(袖付き)

以前からいろんな方の作品のコメントで「今、R・ギャギャを改造してR・ジャジャの袖付き仕様を製作中です」と書き込んでいたものが、ようやく完成しました!
このままだと危うく「やるやる詐欺」になるところでした(笑)。
構想を開始してキット(R・ギャギャ)を購入したのが2016年、改造を開始したのが去年の夏頃なのですが、だいぶ改造を進めて、何とか形になりかかったあたりで「HGUC R・ジャジャ発売決定」のニュースを知りました・・・。
「このタイミングでか・・・orz だが、見てろよバンダイ!公式のキットよりずーっとすげぇR・ジャジャ作ってやるからな!!」と、八つ当たり気味なファイトに燃え、苦心の末に作り上げました(笑)。
よろしければご覧になっていただき、感想などのコメントをいただけますと幸いです。

※本作品には、旧キットおよびHGUC R・ジャジャのパーツは一切使用しておりません。安心してご覧ください(笑)。

一般的な装備での立ち姿です。

フル装備状態です。
ギャンのシールドは「一年戦争末期、マ・クベ大佐が乗船していた戦艦は、彼が戦死した後、アクシズまで逃げのびた。その際、ギャンの予備パーツや予備武装が艦内に残されていたのだが、旧式の試作モビルスーツの装備ということで、特に使用されることもなく、10年以上倉庫の隅で埃をかぶっていた。しかし、本機(R・ジャジャ)のパイロットが『こんな旧式のミサイルや機雷でも、牽制や目くらましにはなるだろう。何より、我々には装備を完璧に整えるほどの潤沢な資金は無いしな』ということで、とりあえず携行していた」という妄想設定で持たせてみました(笑)。

リアビューです。
銃剣付きビームライフルは、設定どおり肩部に装着可能です。

ビームサーベル装備です。
R・ジャジャはギャンの発展型ということですが、こうしてポーズを取らせてみると、シールドも相まって、確かにギャンの面影があります。

基本塗装が終わった状態です。
ここからスミ入れ、組み立て、細かい部分の塗装直しとデカール張りをして完成になります。
ちなみに、スミ入れはほぼシャープペンでおこなっています。
色の薄いヶ所にスミ入れする際には、結構オススメのやり方です。

頭部のアップです。
モノアイはピンバイスとヤスリで穴をあけ、クリアパーツのランナーを輪切りにしたものを差し込んでいます。
アンテナは、前部はR・ギャギャのパーツを加工したもの、後部は、ディテールを入れるため薄いプラ板を3枚重ねにしたものになっています。

エングレービングです。
「袖付き」の機体といえば、やはりここは外せません。
とはいえ、3mm×5mmのスペースに収まるようにプラ板で装飾を施さなくてはいけなかったので、ものすごくしんどかったです(苦笑)。おまけに、一度作ったエングレービングを失くして作り直すという悪夢のようなトラブルまで発生・・・。
苦労に見合った出来だとは自分でも思いますが、もうやりたくはありませんね・・・。

「頑張ったからエングレービングをアピールしたいのポーズ」です。
@Rikuさんの、HGバウ 残党軍「袖付き」仕様の真似です(笑)。
ちなみに、ご本人にはポーズの使用許可はいただいております。

肩部ミサイルポッドです。
R・ギャギャのシールドのパーツをカッターノコで切り取り、ヤスリで成形したものを、肩にあけた穴に裏から差し込んで製作しました。
穴の位置を決めたり、ミサイルポッドの向きを合わせるために穴の角度を調整したりと、ここもなかなかの難所ポイントでした・・・。

スパイクアーマーです。
テーパー付きのプラ棒をヤスリでひたすら削り、円錐状にしたものにR・ギャギャの肩シールド装着用のパーツを取り付けて製作しました。

メイン武装のビームライフルです。
本来はバウ用の武装ですが、以前プレバンで購入したリバウの余剰パーツがあったので再利用しました。
スコープは、モノアイと同じくクリアパーツのランナーを切って差し込んであります。
実は、今回のR・ジャジャを「袖付き仕様」として製作したきっかけは、このビームライフルでした。
製作の構想を始めた当初、手元に銃剣付きビームライフルがなかったので、ネオ・ジオンの機体が装備していても違和感のない武装はないものかとジャンクパーツを漁っていたところ、丁度よさそうなものがこれだけだったのです。
しかし、本来バウ用の武装であるこのビームライフルを装備させる説得力のある理由が欲しくなり、「そうだ!若干旧式化してきた機体を『袖付き』が引っ張り出してきて、あり合わせの武器を装備させたことにしよう!!」と、後付け設定をでっち上げました(そのおかげで、あの地獄のエングレービング加工をするハメに・・・)。
ギャンのシールドを装備しているのも、あり合わせの武装でなんとか戦ってます感を強調するためです。

銃剣付きビームライフルです。
本キットの製作を進めている最中、プレバンで「ザクⅢ改(トワイライトアクシズver)」を購入したのですが、なんとその余剰パーツにこの武装が!!
せっかくなのでこちらは、設定どおり背中に背負わせることにしました。
ちなみに、画像で銃の上に見える小さな四角い物体は、プラ板で作ったスコープです。
画像だとほぼ分かりません(というか、実物もかなり微妙な色合いになってしまいました・・・)が、下地にシルバーを塗った上から、クリアーの青と黄色を混ぜたクリアーグリーンで塗ってあります。

銃剣付きビームライフル装備です。
キットの肩アーマーにもともと開いていた穴に銃の持ち手を差し込み、くさび状に成型したプラ板をつっかえ棒のようにして固定してあります。

腕部のアップです。
R・ギャギャ → R・ジャジャへと改造するにあたって、外すことのできない最後のポイントです。
動力パイプは、引き出しの奥で15年以上眠っていた旧キット「ヤクト・ドーガ」の腕から切り取ってきました。
これもちょうどいい長さに切り取るのが意外と手間で、失敗を繰り返した結果、危うくパーツが足りなくなるところでした(苦笑)。

〆は旧キットの箱絵のポーズです。
最後までご覧になっていただき、ありがとうございました。
この「ガンスタ」を始めて以来、初の完成品となります(過去に投稿した作品は、すべて昔製作したものなので・・・)。
子供の夏休みの宿題よろしく、8月31日までに投稿したかったのですが、気付けばもう9月に突入してしまいました・・・。
構想を開始した当初は、ここまで手間と時間がかかるとは思いもしませんでしたが、なんとか納得のいく作品に仕上がってよかったです。
ご覧になっての感想など、是非いただけますと幸いでございます。

バンダイ公式キットへの挑戦。バンダイよ、これがモデラーの実力だ!(何を偉そうに・・・)

コメント6件

  1. どーもとP(堂本晃司) 2週間前
    • Zoo 2週間前
  2. @Riku 2週間前
    • Zoo 2週間前
  3. GORO55 2週間前
    • Zoo 2週間前