ぶらっくふみな(その2)
  • 984
  • 2

ぶらっくふみな(その2)

同名の物は過去に公開済みですが、本体のオマケに撮った写真ばかりだったので今見ると何か残念(悪の組織の怪人みたい)に思えて、ポージングを意識しながら全て撮り直してみました。改修等はしていません。
今回は全ての写真から余白を無くして見易いように編集しています。

ぶらっくふみな(その2) アピールショット1

過去作の重装と軽装の間くらいの装備バランスにしてみました。
といっても、両肩と腰に本体用アーマーを追加しただけ。
本家すーぱーふみなは「被弾するとキャストオフ」らしいので、
試しにそれを狙ってみよう(?)と思います。

ぶらっくふみな(その2) アピールショット2

褐色に染めてデカールを入れて目元を隠すだけで、もはや別人格に。
実際このように煽って来そうなイメージありますね。

ぶらっくふみな(その2) アピールショット3

やや上から ※あくまでメカ237です
バイザー下の瞳までは笑っていないような気がします。

ぶらっくふみな(その2) アピールショット4

まだまだ強気なご様子。更なるキャストオフで化けの皮を剥がそう。

ぶらっくふみな(その2) アピールショット5

微改造した腰アーマーかバックパックが無いと、ポージングで自立できない子。意外と体幹までは逞しくないようだ。

ぶらっくふみな(その2) アピールショット6

【Critical Damage !!】 やったか!?

ぶらっくふみな(その2) アピールショット7

絶対にキャストオフ出来ない 超合金バイザー!(接着済み)
物理的にも剥がせない鉄壁のお召し物まで隠す あざとさ!

不自然にならない形まで外装パージさせても、元の素材が素材なので、かの表現は見えない・見せないのではなく「存在しない」のです。
頭部以外の素体は無改造で、組み替え・塗装・デカール転写しかやっていません。そのためアクシズエンジェルだけでも、ほぼ同じ構図が可能。

ちなみに、ここから更に被弾すると・・・

ぶらっくふみな(その2) アピールショット8

義手化&恥じらいを捨てて はいぱー化 するとかしないとか。
リード線の先には一応「一般向け」のあるモノを付けていますが、
ビジュアル的に危険そうなため編集でカット。

『ういにんぐふみな』をベースにする方が全身塗装映えこそするものの、関節パーツは塗装できない素材(PC製)なので、部分的な露出であっても『すーぱーふみな』の方が塗装で遊べると思いました。

余談ですけど、これらの写真は「フォロワーさん減りそうだな…」と思いながら撮っていました。真夜中のテンションってコワイですねぇ

『本当にキャストオフするのだろうか?』の名目で、過去作の撮り直しです

コメント

  1. GODAI 1か月前

    素晴らしいキャストオフ(スパッツ)でしたよ(^0^b

    • こげぽん 1か月前

      ありがとうございます!
      スパッツの成型色を変えてみようかとも思ったのですが、攻める表現は危なそうで敢えてそのままにしました

17
ニセがんたんく

ニセがんたんく

だむ・きゃのん と来れば、たんく も必然的に作らねばならぬ。…

17
ニセがんきゃのん

ニセがんきゃのん

過去作『ニセがんだむ』のお友達を考えてみました。筆全塗装です…

17
バイザックTR-2 [ビグウィグ]

バイザックTR-2 [ビグウィ…

電ホビ付録版1/400のビグウィグを全塗装してみました。塗装…

17
032ダガー

032ダガー

忍者MS化企画第23弾。105ダガーをベースに、いつもとは違…