GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

GN-1001A セラヴィーガンダム・アミュティス

GN-1001A セラヴィーガンダム・アミュティス

えらく時間がかかってしまいましたが、セラヴィーガンダムアミュティス、やっとこ完成しましたー!

くろいのさん主催のフォース、ガンスターダムに所属させていただいておりますっ!😌

今回は、セラヴィーガンダムシェヘラザードを使うシャフリヤールが制作した、もう一つのセラヴィーガンダムを目指して制作しております。

ギミック満載で仕上げてみたので、最後までたのしんでいただければ幸いです^^

[GN-1001A Seravee Gundam・Amytis(セラヴィーガンダム・アミュティス)]

シャフリヤールのGBNでの愛機、セラヴィーガンダム・シェヘラザードのもう一つの姿。
こちらはセラヴィーガンダム3Gを参考に対多数戦に特化したカスタムが施されている。

アミュティスはシェヘラザードと同じ起源を持つとされる人物名から。

[GNイフリートカノン:バーストモード]

アミュティスのメインウェポンの一つ。
FAZZのハイパー・メガ・カノンをイメージして制作されており、携行兵器としては破格の威力を誇る。

また威力特化型のバーストモードと長距離精密射撃ロングレンジモードを切り替えることが可能となっている。

[GNイフリートカノン:ロングレンジモード]

GNイフリートキャノンのロングレンジモード。
威力はバーストモードの60%程度に抑えられているものの有効射程距離と射撃精度に優れており、長距離からの狙撃や乱戦時の援護砲撃などに適している。

[GNツインカノン]

高威力だが近距離での取り回しが悪く連射も効かないGNイフリートカノンを補うための補助装備。
1射あたりの威力や射程はGNイフリートカノンに及ばないものの、このサイズの携行武装としては高威力であり、その取り回しの良さ、連射性により高いDPSを誇る。

ZZガンダムのツインビームライフルをイメージして制作されている。

[小型GNステルスフィールド発生装置]

背部に装着されたバックパックユニットに装備されているGNステルスフィールド発生装置。

戦闘機動中にはMSのレーダーから完全に隠せるほどではないが、停止時には高い対ジャミング性能を持つ機体でなければ捉えることは難しく、狙撃時などに特に大きな効果を発揮する。

[必殺技:ハザール・アフサーナ]

「来たれ!セラ・ドニアザード! ハザール・アフサーナ!」

アミュティスの持つ必殺技。
シェヘラザードの持つアルフ・ライラ・ワ・ライラのような一撃必殺の高出力攻撃ではなく、別にスキャンされた支援機を召喚する召喚系の必殺技である。

GBNにおいて、このタイプの必殺技は騎士ユニコーン等、SDガンダム系に発現する事が多い技であり、リアルタイプMSが持つのは稀である。

この技において召喚されたセラ・ドニアザードは1度の戦闘の間であれば撃破されるまで自律的に戦闘を行う。

技名のハザール・ラフサーナとは「千の物語」を意味し、アルフ・ライラ・ワ・ライラ、つまり「千と一夜物語」の原典の一つとされる書物から名付けられた。

[GN-1001D Sera・Dunyazad(セラ・ドニアザート)]

アミュティスの必殺技により召喚される支援機。
召喚される機体とはいえ、シャフリヤールの手により制作された機体であるため基本性能は高い。

ベースにはシェヘラザード、アミュティスと同様にセラヴィーガンダムを使用しているが、ラファエルガンダム ドミニオンズの支援機セラとセラヴィーガンダムGNHW/3Gをモチーフにしている。

背部にはセラフィムを装備しているが、本機のセラフィムはあくまで本機のバックパックとして装備されているため、分離合体機能がオミットされている。

なお、本機は無人機として制作されているが、スキャンしGBNにおける乗機として使用することも可能である。

本機の名称、ドニアザードはシェヘラザードの最愛の妹からとられている。

[GNキャノン]

セラ・ドニアザードのバックパック、膝に装備された備え付けの武装。
本機のGNキャノンは、無人機となったことで、セラフィムガンダムとの分離ギミックがオミットされた事もあり腕型への変形機能を持たない簡易型である。

[GNバズーカⅡ]

セラ・ドニアザードの基本装備。
セラヴィーガンダムのものと同等のものが装備されており、合体させてのバーストモードやバックパック、膝に装備されたGNキャノンと接続しての射撃も可能である。

[GNトレミーキャノン アルフ・ライラ]

背部バックパックに装備した2機のプトレマイオスアームズのGNキャノンは、機体に装備した状態で放つことが可能。

2機のGNトレミーキャノンを同時に放った際の威力はアミュティスのGNイフリートカノン:バーストモードにも匹敵するとほど。

[分離戦術]

アミュティス、およびドニアザードの真価はそれぞれの単体での高い戦闘力だけでなく、各機が分離しての戦術にある。

分離により、各機単体での戦闘能力は低下することになるが、数を得ることにより、単機のMSには不可能な戦術レベルの行動をとることが可能となる。

[プトレマイオスⅡアームズ]

この分離戦術の中核となるのがプトレマイオスⅡアームズである。

プトレマイオスⅡアームズは、機体両側に装備された大型クラビカルアンテナを用いて、分離し無人機となったセラヴィーガンダム・アミュティス、支援機セラ・ドニアザード、2機のプトレマイオスアームズの計4機の司令塔としての役割を果たすことが可能となっており、さらに機体上部に装備された小型ステルスフィールド発生装置および光学ステルス機能により姿を隠すことで優先的に司令塔潰されるリスクを下げるという戦闘方法をとることも可能である。

また、アームズの名が付いているものの、本家セラヴィーガンダムと同じく、セラヴィーガンダム・アミュティス本体は、こちらに設定されており、各機体を繋ぐトライアルフィールドは本機を中心として形成される。

[プトレマイオスアームズ クラウディオスモード]

プトレマイオスアームズに仕込まれた人型戦闘形態。
中遠距離戦闘を得意とする通常の形態と異なり、右腕に装備されたクローコンテナ(2号機は左腕)と左腕に装備されたシールドコンテナ(2号機は右腕)を用いた近中距離戦闘を得意とする。

クローコンテナは文字通りクローによる近接攻撃のほか、内部に仕込まれたGNマシンキャノンによる牽制射撃も可能となっている。
また、シールドコンテナはピンポイントGNフィールドを発生機能が搭載されており、擬似的なビームシールドのような運用が可能。

基本的に射撃系の武装で固められた、セラヴィーガンダム・アミュティス、セラ・ドニアザードの前衛としての戦う他、護衛機としてプトレマイオスⅡアームズに随伴するなど、さまざまな運用が可能となっている。

最後はやっぱりスタティックディスプレイ!

ということで、最後まで見てくださってありがとうございましたっ!

セラヴィーガンダムシェヘラザードに大好きな機体であるセラヴィーガンダムGNHW/3Gの要素を入れたくて色々やっていたらこんなことになっていました笑

ですが、シャフリさんにこれには愛がある!と言われるだけの熱量は込められたかな…と自己満足しております笑

ガンプラへの愛を、好きを、そして浪漫を込めましたっ!ぜひ見てやってくださいな!

コメント42件

  1. ルカット 2か月前
  2. あぬびすん @anubisnn 12か月前
    • まるいるか@Maru_Iruka 12か月前
  3. くろいの 12か月前
    • まるいるか@Maru_Iruka 12か月前
  4. 真樹京介 12か月前
    • まるいるか@Maru_Iruka 12か月前
  5. A!RKING 12か月前
    • まるいるか@Maru_Iruka 12か月前
  6. ΔⅡ 12か月前
    • まるいるか@Maru_Iruka 12か月前

まるいるか@Maru_Irukaさんがお薦めする作品0件