アルトロンガンダム  -飛龍-
  • 1921
  • 8

アルトロンガンダム -飛龍-

ガンダムビルドダイバーズ アナザーストーリー第2話
“龍王峡の秘宝“

oyz「リク君、ユッキー君。前回のミッションはご苦労様だったね。君たちの実力を改めて確認させて貰ったよ。」
リク「まだ、次のミッションがあるんですか?」
oyz「そう、先程のミッションは言わば機体に慣れて貰う為の練習だよ。次のミッションが本番さ。受けてくれるかね?」
リク「はい。」
oyz「さすがだね。ではリク君には引き続きダブルオースカイ-ハイウィンドに搭乗してもらう。」
ユッキー「まさか僕も….?!」
oyz「ユッキー君、君は見事に前回のミッションでルナマリアシンクロ度を100%到達したからね。この機体に乗ってもらおう。」
ユッキー「この機体?」
oyz「そう、この“すーぱーるなまりあ”に!」
ユッキー「!!!(;゚Д゚i|!) 」
oyz「どうだい?ルナマリアとシンクロした君になら乗りこなせるさ。」
ユッキー「リッ君!ごめん!このミッションは僕、参加出来ない!じゃ、コレで!」
oyz「ちょっと待って!逃げないで!冗談だよ、冗談。U・S・Aジョーク!(・ω・;)
ユッキー君!ココにある物で好きに選んでいいから。」
ユッキー「…また変なことにならないでしょうね?」
oyz「大丈夫、大丈夫。じっちゃんの名にかけて大丈夫だから。」
ユッキー「ホントですか?じゃあ、“Xガンダム魔王”にします。」
oyz「そうか…、残念だが仕方ないな…。(すーぱーるなまりあが良かったなあああ。)」
ユッキー「何か言いました?」
oyz「い、いや。なんでもない。(・ω・;)」

oyz「では次のミッションだが、エスタニア・エリアにある秘境、龍王峡にある、”ヴィシュラの秘宝“を獲得することが目的だ。ミッションランクはS級。詳しく説明は出来ないがNPCもいる世界だ。クエスト的な内容でもある。GBN内で自分で判断して行動するんだ。」
リク「タイガーウルフさんのフォースがあるエリアですね。」
oyz「ちなみに、そこには鉄血衆という武装集団のナワバリだ。」
ユッキー「ええっ?ヤバそうじゃないですか!」

リク「ダブルオースカイ-ハイウィンド、行きます!」
ユッキー「Xガンダム魔王、出ます!」

”龍王峡“
ユッキー「どこに行けばいいのかな?…ん?あれは….?竜?!竜が飛んでる….。」

リク「ユッキー!何かいるよ!アレは..狼!?」
ユッキー「こっちにも!…虎だ…!」
狼「キサマ等、ココは鉄血衆のナワバリだぜ…。ココに足を踏み入れたって事、わかってんだろうな…?」
虎「持ってるお宝を置いてきな….。お宝が無ければ、その機体をよこしなよ!」
ユッキー「そんな事出来ないよ!」
リク「戦うしかないか?」
狼「やろうってのか?その方が早いぜ!俺のMSの名は錬狼!そっちのは里虎だ!行くぜ!」
ユッキー「来た!迎撃!サテライトキャノンだ!」
錬狼「ハッ!俺たちにビールは効かないぜ!」
リク「ええっ!?ビームが弾かれた!?」
ユッキー「アレはまさか….、ナノラミネートアーマー!」
錬狼「そういうこった!じゃあ、やらせて貰うぜ!」
里虎「オイ!ちょっと待ちな!」
錬狼「なんだよ、邪魔すんなよ。」
里虎「奴が来るよ。一旦引くよ、錬狼!」
錬狼「チッ!了解だ。テメエら運が良かったな。次に会ったらタダじゃ済まさねえぜ!」

ユッキー「助かった…?」
リク「大丈夫?ユッキー。まさか、ビームが効かないなんて..!」
ユッキー「いくらナノラミネートアーマーだからって、GBNではビームのダメージが半減するだけなんだ。それをX魔王のサテライトキャノンを弾くなんて..!」
リク「うん….。本当の威力は出てなかったように見えたよ..。」
リク「ユッキー!まだ何か来る!アレは…!竜だ!」
ユッキー「いや、アレは….!?ウイングガンダム…?」

??「君達、無事だったかい?」
ユッキー「変形した!アルトロンガンダムだ!」
リク「はい、大丈夫です。ありがとうございます。」
ユッキー「僕らはユッキーとリクって言います。あなたは…?」
竜飛「私は竜飛。この機体はアルトロンガンダム−飛龍−。さっきの奴らは鉄血衆。この一帯を根城にしている。私は奴らから、龍王峡の秘宝を守っているのさ。」
ユッキー「!!」
竜飛「キミ達は何をしにココへ?」
リク「実は….。僕たちも秘宝を捜しにきたんです。」
竜飛「ふっ、正直だな。守護者の私の前でそれを言うとは…。そういうのは嫌いではないよ、私は。」
リク「すみません…。」
竜飛「正直な少年に免じてチャンスをあげよう。私と闘って勝つ事が出来たら、秘宝の在処に案内しよう。」
リク「….え?いいんですか?」
竜飛「ふっ、すでに勝つ気でいるのかな?少年は?さあ、勝負を始めようか!」

竜飛「さあ、いつでもいいよ。」
リク「槍!? ビームライフルを使わない!?」
ユッキー「リッ君!接近戦は危険だよ!」
リク「わかった!まずはコレで!」
竜飛「ビームか。効かんよ!」
リク「!!ビームを片手で弾いた!」
ユッキー「やっぱりナノラミネートアーマー!でも片手で弾くなんて!何かおかしいよ!」
竜飛「ここは聖地!ビームなんて邪推なものは無効化される。そんな物はここでは使えないさ。」
リク「やっぱり…。」
ユッキー「なんでかわからないけど、ビームの威力がなくなってるんだ!」

リク「ならば…、コレしかない!」
ユッキー「まさか…!ラッシュポジション!」
竜飛「ほう…。武器を持つ私に素手で挑むとは…。気に入ったよ。では私もその礼を返そう!」
ユッキー「槍を捨てた!」
竜飛「さあ、本当の勝負といこうか!!」

リク「行きます!」
竜飛「応っ!来い!」
ユッキー「….リッ君の攻撃を全部防いでる!」

リク「くっ!」
竜飛「なかなかやるね、少年!いい攻撃だ。だがな!」
リク「うわぁ!」
ユッキー「リッ君!!」

リク「く…、強い…。」
竜飛「どうした?もうお終いかい?」
リク「まだだ…!」

竜飛「…..。すまんな少年。さっきの奴らが秘宝の方に向かったようだ。」
リク「え?」
竜飛「奴らの動きを感知した。闘いの最中に申し訳ないが、私は秘宝の守護に向かわねば。」
リク「それじゃ…!?」
竜飛「私はそちらへ出向く!」
リク「相手は2機なんでしょう?僕たちも行きます!」
竜飛「いいだろう。だがビームが役に立たない事を忘れるなよ、少年!」

-龍王峡-
錬狼「ヘッ、竜飛め。さっきのガキと遊んでやがる。」
里虎「ふん!隙だらけって訳さ。甘いね、奴も。今のうちに秘宝を頂戴しようじゃないか!」
錬狼「オイ!この扉、奥に何かあるぜ!」
里虎「イイじゃないかい、開けてみようじゃないか!ん?錬狼!奴め、こっちの動きに気付いたようだよ!」
錬狼「ハッ!今更遅いんだよ!里虎!お宝は任せた!俺は奴を惹きつけるぜ!」
里虎「わかったよ!奴をこっちに来させるんじゃないよ!」
錬狼「任せておけって!里虎こそ、きっちりお宝頂戴するんだぜ!」
里虎「当たり前さね。つまんない事言ってないで、いいから行きな!」

竜飛「あそこだ…!」
錬狼「フッ!遅かったじゃねえか。」
リク「あれは..、錬狼!1機しかいない!」
竜飛「くっ!もう1体は秘宝に向かったか!」
錬狼「ハハハ!テメエは行かさねえぜ..!」
リク「僕が向かいます!竜飛さんはアイツを!」
竜飛「わかった。奴を倒したら私も向かう。その洞窟の中だ!」
錬狼「チィ!行かさねえ!」
竜飛「お前の相手は私だ!」
ユッキー「リッ君!」
リク「X魔王じゃ洞窟は無理だ!ここで待ってて!」
ユッキー「リッ君!無理しないでね!」

竜飛「ふん…。私と闘おうとは、無謀だな。」
錬狼「ああ?その済まし面!吠え面に変えてやるぜえ!」

錬狼「くらえええ!」
竜飛「悪いが時間が無い。本気でやらせて貰うぞ」
錬狼「舐めるなああ!!」

竜飛「そんな攻撃では私に通用せん!」
錬狼「クソがああ!」
竜飛「諦めろ!」

錬狼「コレでも喰らいやがれえ!!」
ユッキー「機関銃!」
竜飛「そんな物効かぬ!」
ユッキー「槍で全て弾いた!!」

竜飛「これで決めさせてもらう!ゆくぞ!」
練狼「ぬう?」
竜飛「奥義!飛龍の拳!!」
錬狼「ぬああにいっ!ぬおおっ!!」

錬狼「クッッソお!こうなったら、こっちの奴をおお!」
竜飛「何!」
ユッキー「こっちに来たあ!うわあああ!!」
錬狼「ハハハハハッ!もう間に合わん!」
ユッキー「え?ビームライフル??」
錬狼「バカが!ビームなんか効くかあ!」
竜飛「何か勘違いをしているようだな…。コレはビームでは無い。」

錬狼「なにいいい!ぐわああ!!」

ユッキー「助かった…!でも..ビームじゃない!?」
竜飛「これは気功砲という。気を圧縮したものさ。ビームなどという物ではないよ。」
ユッキー「ありがとうございました!」
竜飛「いや、私に隙があったせいだ、済まない。だが、こうしてはいられん。少年を追うぞ!」
ユッキー「ハイ!」

  • サイトの埋め込み

ダブルオースカイ ハイウィンドに続いて、アナザーストーリー2話目になります。 ちなみに出てくるキャラは、「竜飛」と「崋山」であります。(・ω・;) 「五飛」と「ヤザン」ではない、違うんです!

コメント8件

  1. KOU 2年前
    • oyz (オイズ) 可変開発室長 2年前
  2. KTA 2年前
    • oyz (オイズ) 可変開発室長 2年前
  3. さちヲマスク 2年前
    • oyz (オイズ) 可変開発室長 2年前
  4. まるいるか@Maru_Iruka 2年前
    • oyz (オイズ) 可変開発室長 2年前

フォース“GUNSTARDOM”可変開発室 室長。 可変機が大好き!作品毎にストーリーを書きます。最近小説みたいになってガンプラの写真が挿絵の様に...。(;´∞`)ヤバい。 『コンテスト結果』 ・SDコン「可変SDゼータ」本戦15位、 ・SEEDコン「フォビドゥン」本戦18位、 ・連vsジ「バウ エアマスター」本戦ジ7位、 ・マスコン「嫁ッガイ」本戦29位、 ・コアコン「インフィニティアーマー」本戦32位 ・鉄血コン「ガンダムセーレス・ペリオル」本戦36位 応援して頂いた皆様、ありがとうございました。 嫁がガンプラアンチで隠れて制作。なので塗装は筆です。(´・ω・`)

oyz (オイズ) 可変開発室長さんがお薦めする作品0件

  • すーぱーるなまりあ

  • すーぱーはまーん様

  • オイズッガイ

魔王軍四魔将 魔影衆頭目『デス』

エピローグ  −ルシファーの物語− 先ず天に神界あり。 神は地上にエデ…

  • 14
  • rating_star75
  • 840

ガンダム バエル−ゼブル

??「失礼するよ、キミ、ここが可変開発室とやらで間違いないかな?」 リ…

  • 14
  • rating_star95
  • 1560

ガンダム セーレス・ペリオル

リュウ「おい、おやっさん! オレの機体はもう仕上がったのかよ!? 改修…

  • 30
  • rating_star119
  • 3816

「旧キット」ヤクト・ドーガ クェス専用機…

宇宙世紀0094年。シャア・アズナブルが新生ネオ・ジオン軍を率い、自ら…

  • 22
  • rating_star71
  • 1249

関連ガンプラ作品

ガンダムジェミナス クロスCEセイバー

イベント企画『#すえ王』に参加 梅雨の湿気にやられ塗装出来ずにいました…

  • 0
  • rating_star27
  • 104

AGE-Ⅱ LU ガンダムAGE-Ⅱ ル…

HGAGE ガンダムAGE-2 ノーマルを自分専用のガンプラバトル機体…

  • 8
  • rating_star98
  • 1288

ガンダムヴィダールビート

Twitter企画の#オレガンビルドファイターズ用に作った機体になりま…

ブレイヴ近接戦闘試作型 「ムラマサ」

ブレイヴ グラハム機をベースにスサノオ、トランザムブースター等を混ぜた…

  • 2
  • rating_star35
  • 448