GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

カプール

カプール

∀ガンダムのカプルを改造してカプールにし、簡易的なジオラマベースも作ってみました。
腕のロール軸追加、ツメの独立稼動、なにより肝心の可変機構を組み込むのにそれなりに手間が掛かりましたが、愛着のある1体(いや2体かな?)となりました。
ただ、今回のお題が「可変機」とのことでしたが、カプールを可変機と言い張っていいものかどうか・・・?

水中巡行形態です。
イメージとしてはユニコーンガンダムにて描かれたトリントン基地襲撃のワンシーンのつもりです。

別角度&水中巡行形態のリアビューです。
ツメの独立稼動が思いのほかいい味を出してくれていて満足です。

リアビューをアップで。
足の裏にも小型バーニアを仕込んで、出力アップです(笑)。

水中巡行形態のカプールも、モビルスーツ形態に変形できます。
ここからは変形の一部始終をご覧ください。

新造した(と言っても、切り取ったランナーと、もともとあった肩関節の軸を接続しただけですが)肩関節ごと、両腕を引き抜きます。
カプールの足元に転がっている黒いソーセージみたいなヤツが、件の肩関節です。

接続方法を少し変更した肩アーマーと頭の装甲を閉じます。

ツメを切り離して接続を変更した、専用の足首と取り替えます。
実は、この足首のツメを切り離して角度を変更しながら再接着するのが、一番手間だったかも・・・。

足首を別角度で。
ちなみに、ジオラマベースは木の板、陸地(堤防?)部分は厚紙(色は一切塗っていませんが、結構それっぽい?)、海は絵の具を塗ったコピー紙の上から、木工ボンドをドバドバ塗って作りました。

続いてフンドシ(?)部分です。
画像でフンドシの下にある黒い物体は、フンドシの角度を変更して取り付けるために作った専用の取り付けパーツです(材料はプラ板とポリキャップのランナーです)。

最後に頭部のアーマーにある、小さな装甲板のようなものをめくればモノアイが露出、変形完了です。

画像が悪くて申し訳ありませんが、モノアイ露出の機構はこのようになっています。
コトブキヤかどこかの極小ヒンジを装甲板(小)に固定し、頭部装甲本体裏にプラ板で作った穴に差し込み、半固定としてあります(ふたを開ける際に少し前方にスライドさせます)。
この小さい装甲板を丸い形のまま切り抜くのも、なかなか大変でした(笑)。

変形機構なしの方のカプールです。腕も一旦切り離してから、軸とポリキャップを追加して360度回転するようにしました。
おかげでポージングの幅もそれなりに広がりましたよ。

ピンボケで申し訳ありませんが、所属している潜水艦のマーク(U‐508)です。
ちなみに508ナンバーの元ネタは、ガンダムと同じくらい大好きな「スト〇イクウィッ〇ーズ」からです(笑)。

オマケです。
元のキットが∀のカプルなので、オプションとしてハンドガンも装備できます。

ご覧になっていただき、ありがとうございました。
よろしければコメントなどいただけますと、幸いです。

カプールです。 これを可変機と言い張る勇気・・・!

コメント8件

  1. パンまる 2週間前
    • Zoo 2週間前
  2. ドラ猫のtomo 3週間前
    • Zoo 3週間前
  3. 川島 利晃 3か月前
    • Zoo 3か月前
  4. @tomoshin_gamez 3か月前
    • Zoo 3か月前