GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

F97改ーtypeR

F97改ーtypeR

前回製作したF97改の追加武装バージョンです。

F97改をカスタムした機体。パイロットのレオナの要望によりミノフスキードライブとファントム・ライトを使わなくても戦いに支障がない様に整備士のラグが武装を追加した。

サヤナシ:ラグが月で発掘したレアメタルを日本の技法で製作した刀。レアメタルの成分がビームコーティングと似ているため、ビーム兵器を『斬る』ことが可能。また切れ味も良く、刀を納める鞘さえも切ってしまう事から『サヤナシ』と名付けられた。

鞘がない為、刀の柄の部分をハンガーで挟んで固定している。

ガトリングシールド:シールドに実弾のガトリングが2連内蔵されており相手の牽制用に使用する。

右腕のABC装甲の裏側に武器を収納していて敵にわからない様に隠している。

マグナムライフル:圧縮された高エネルギー粒子を射出する銃。エネルギーを圧縮したカプセルを放出させる。

銃を折り畳むことでビームサーベルとして使用することが可能。

シザーアンカー:右腕に装備された敵を捕獲・拘束するシザース(ハサミ)。
基部にはチェーンおよびウィンチが装備されており、シザースを射出することで離れた場所の敵に対しても使用可能。
そのほかにも投げた武器を掴む、隕石やデブリなどに打ち込み軌道を変えたり、推進剤をつかわず機体を移動するなど様々な使い方ができる。

ファントム・ライト:ビーム兵器類に対しては射撃・格闘・防御用を問わず無力化し、またビーム・シールドでの防御が不可能なヴェスバーの砲撃すらも受け流す事が可能となる。機体の出力自体も大幅にパワーアップしており、自分よりも大柄なMSを単純な力だけで振り回すほどの威力を持つ。

【キャラクター設定】

ラグロス・マキノ:通称ラグ。オルガン海賊団の整備士。
オルガン博士の息子でレイヴフリント参照の兄。両親の離婚により母方の姓を名乗る。レイヴと同じ訓練生だったが、レイヴとの模擬戦で勝利したのちに行方不明になる。MSの操縦技術とセンスは高かったが闘争心が無く皆からポンコツ扱いをされていた。
クレア・イーゼル:オルガン海賊団のコック。ザンスカール帝国に夫を殺害され、レオナに助けられる。身寄りが無い事から海賊団に居座り調理担当になった。

ジーン:元ストリートチルドレンでザンスカール帝国に見せしめでギロチン処刑される所をレオナに保護される。

レオナ、レイヴ、オルガン博士はXM-10C フリントカスタム参照お願いします。

以下妄想設定です。

「オルガン博士!一体これはどういう事だ!?」
「あの子を救うにはこれしかないと思ってな。」
F97改から無数のビームの炎が上がり基地の壁面を削り取っていく。
削り取られた壁面から空気が漏れ出していく。
「クソっ!ミノフスキードライブ発生装置を完成させていたのか!?」
「いいや。不完全な出来損ないさ。だが今はこれが必要なのさ。」
バオォォォォォ!
機体から流れ出る粒子の噴出音がまるで叫び声のようにも聞こえる。
ガンダムよ。レオナを安全な場所へ連れてっておくれ。
オルガン博士と木星共和国兵士は宇宙へと吸い込まれていった。

『待って、おやっさーーん。』
レオナはコクピットで博士を助けようとするが、F97改は自動ナビで決められた動きしかせず、壁を突き破り漆黒の宇宙へと消えていった。…。

レオナ、君には幸せな人生を送って欲しい。私は君を実の娘の様に愛してるよ。。

おやっさん…。
レオナはF97改の調整しながらコクピットで寝てしまっていた。コクピットに記録されていたオルガン博士の遺言がコクピット内で何度も繰り返されていた。これを聴きながら眠るのがレオナの日課だった。
そして、コクピットに寝ているレオナを起こし寝室に送るのが整備士のラグの日課となっていた。

『あーーーーー!?あたしのF97が!』
「ああ。追加装備を付けたけど?。ファントムライトは使用したくないならこれぐらい必要でしょう。ビームサーベルだけではこの先難しいでしょう?」
ラグは端末を見ながら淡々と説明をした。
師であるオルガン博士を死に追いやったファントムライトはレオナにとってトラウマであり使用したくない装置であった。だから追加装備についてもレオナは渋々ではあるが了承したのだが。
「じゃなくってーー。スラスター部の金塗装‼︎。あんなの聞いてない!」
「ああ。アレね。ジーンが他の海賊に『オマエのキャプテンとMSは地味で弱々しい』って悪口言われたらしくてね。それが悔しくて、ちょっとでも派手にしたかったらしいよ。」

「オルガン博士の計算されたデザインがアレじゃあ台無しじゃない!今すぐ元に戻して!そもそもオルガン博士は。。。」とレオナはオルガン博士の栄光を語り始めた。こうなると結構長くなってしまう。クルーがうんざりしていると
ラグが「今日の食事はクレアさんの特製シチューなんだけど食べに行かない?」

「…。行く。」
クレアさんのシチューはレオナの大好物であった。

あれはあれで良いと思うんだけどな~。とラグは小さく呟いた。

大人しく降参してこのMSを引き渡せ!命だけは見逃してやる。
赤いF97フリントに乗るレイヴが言った。レオナとレイヴとの実力の差は大きくレオナの攻撃は歯が立たなかった。
嫌だ!
この機体はオルガン博士とアタシとの最後のキズナなの!誰にも渡したくない!
じゃあ悪いが機体ごと消えて貰う!

フリントの攻撃が瞬時に躱された。その次の攻撃も、その次もかわされる。
なんだ?まるで別人に入れ替わったみたいだ?

『…って言ってると思うよ。』シートの後方から心配そうな顔をするレオナに操縦桿を握るラグはいつもの様に話しかけていた。

シザーアンカーを利用し軌道を変え躱す戦法は身に覚えがある。
忘れられない、そして今会いたく無い相手の名前を吐き出した。

まさか…兄貴…か?

『レイヴ、悪いけど、父さんのF97もレオナも渡すつもりは無いよ。』

こうして広い宇宙の中、命をかけた兄弟喧嘩が幕を開けた。

いつも長々と妄想設定すいませんです。

コメント0件