GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

【GBNW】19:GBN-ガードフレーム

【GBNW】19:GBN-ガードフレーム

今回はガードフレーム販促、「GBNWeapons」。素組みから改造のヒントなど。
【第19改「ガードフレーム・ヌーヴォー」:HGBD GBN-ガードフレーム】

第19改「ガードフレーム・ヌーヴォー」

ガードフレーム・ヌーヴォー。それは、あなたの生まれた日。

GBNはおかげさまで開始一周年を迎え・・・ついに、この日がやってきました。
GBN全ディメンジョンをパトロールし、不具合やバグへの対処を主な目的とした警備ガンプラ、GBN-ガードフレームが全域に配備されたのです。
配備に当たって、このたび全ディメンジョンにおいてそのお披露目会が開かれました。

・・・ちょっと、しんみり。だって、最初はあたしの仕事(武装のデバッグテスト)がなくなるはずだったのよね。あたしもここ、卒業かな・・・って思ってたから。
でも、そんなはずはなく。それについては後で話すわね。

元々、GBNはダイバーによる自治が基本だったの。ダイバー間の争いやいさかい、プレイマナーについては関知しない方針。それ故に生まれる自由なプレイスタイル(初心者狩りとかもありになっちゃう)を運営の基本としていたわ。
ゲーマス(GM、ゲームマスター)達運営に属する人間(あたしもある意味含まれます)は自由で安定した世界を生み出すことに全力を傾ける。GBNの未来をビルドするのはおのおののダイバーである・・・ってね。
でも、「バグ」や不具合の存在は次第に大きくなっていって。それの未然察知や阻止・・・運営の「剣」としての力は必要になるなって。
データ上の問題は、各ダイバーには止めようがないから。

警備ガンプラの製作に際しては、あたしのGNネイキッドやフォース・「アルケミスト」から得られたデータも一部参考になっているわ。ゲーマスのリアルの友人として、アイデアは積極的に出したつもり。
多くの拡張を可能にする汎用性、GBN内のあらゆる地形環境に適応できる能力。基本的な可動域の追求、3ミリジョイントにフレーム構造を基準とした将来的なバリエーション構築・・・
結果完成したのが、このガードフレームって訳よ。こっちも武装のデバッグ、相当やったから。ゲーマスが気付かない部分も色々あったみたい。
パラメータ面については当初、警備中はゲーマスの権限でありえないほどに強化されてたけど・・・それがバグを誘発することもあってもう少し常識的な強化に落ち着いたみたい。
・・・ほら、100が99999とかになったらさすがにシステムも怒るでしょ。
操作については完全自動。最高ランクのNPD(ノンプレイヤーダイバー、つまりはAI)がやってくれることになっているわ。配備の権限はゲーマスが持ってるの。

・・・で、面白いのはそこから。
お披露目会で多くのダイバーの目にとまったガードフレームは、その後パーツデータという形で一般のガンプラとしても入手可能になったの。もちろん、カスタマイズもありよ。
武装のデバッグテストについても、引き続きあたし達「アルケミスト」に任されることになったわ。いかに最高ランクのNPDを使ったとしても、本当にそれがこの世界に正しいかどうかを判定するのは「人」なのだろうって。

全ディメンジョンに、あたしのネイキッドの「兄弟」がいる。それだけで嬉しくなっちゃう。
・・・ちょうど、お披露目の日はリアル世界でボージョレが解禁された日だったから・・・ゲーマスと思いっきり飲んだことを思い出す昨今です。

(小説パートの補足)

・待ちに待ったガードフレーム。新作レビューと称した運営の「剣」の紹介。
のちにアルザスも一時的に同機の操作権限を得ます(第5改参照)が、ファンネルに対して不得手なアルザスはいまいち使いこなせなかったみたい。 ・ネイキッドをモチーフにしたというところは筆者の創作ですが、「GBNの方針」や「その後一般のガンプラとしても~」の部分などは本機説明書からの流用です。
・ところで「ゲーマスのモビルスーツ」という表記はなんだか変な気はします。ゲーマスは最終決戦時の様相を見るにMSには乗らないと思うし(操作権限があるだけ)。

【キットデータ】

キット種別:HGBD(「ガンダムビルドダイバーズ」ガンプラシリーズ)
発売:2018年11月
価格:1600円(税抜き)

関連ガンプラ:HGBF ガンダムレオパルド・ダ・ヴィンチ(実質の元キット)
HGBD GBN-ベースガンダム(バリエーション機。発売予定)

「GBNW」も実質20改。今回はついに発売された運営のガンプラ・ガードフレームの特別編です。
「運営側に属する機体」としてGNネイキッドを作ったのは登場の少し前。その数話後に登場したフルフェイスの地味でいかにもカスタムできそうな機体・・・
「あれ。ネイキッド?」→即発売決定の報は、ゲーマス絡みでいろいろと大変だった「ビルドダイバーズ」終盤で最大の救いとなりました。

いつものGBNWの構成に則ってランナーから。
本機独自の部分以外。左が「ベースフレーム」ランナー。ベースガンダムにも使うのかな。
右が「HGBF1」ランナー。当初GM/GMベースって聞いていたけれど・・・あれ。
これレオパルド・ダ・ヴィンチだ。ダヴィンチ用追加ランナーもちゃんと入っていてほんの一部使います。
これにより、HGBD特有の「余剰」遊びができるということ・・・

シールはいつもの余白(青)がありますが、今回はフルフェイス部分のシールのみ使用しています。
余分は切り取ってカスタマイズに使用してみましょう。

これを踏まえたセット内容。

GBN-ガードフレーム本体
ライフル×2(説明書時点で2丁作成可能)
ライフル用バレル×2
キャノピータイプ頭部(フルフェイスタイプも含め、バイザーは2色から選択可能)

以下が余剰パーツ。
ガンダム・レオパルド・ダ・ヴィンチのバックパック
同足首関節・脚部グレー部分
同バックパックジョイントの一部等KPSグレー部分

ネイキッドと。前から。
背についてはネイキッド(これでもダブルオーより背が高くなっているはず)よりも大分高いです。
腰フロントアーマーはダ・ヴィンチのものにかぶせます(フロント下の四角パーツが被さって見えなくなる)。

後ろから。
ビルドシリーズではハイモック、GM/GMと多くの「カスタマイズに最適!」ガンプラが登場しましたが、本機最大の特徴はバックパックにあるような気がします。
背部は一穴、外すとAGP2穴が出現。これにより、従来機よりも多くのバックパック用武装を装備可能です。

3ミリ穴はバックパック後ろと左右、肘後ろ、腰サイド・リアアーマーにあります。
従来機よりも若干穴の数は少なめですが、その辺はパーツごとのカスタマイズで補ってやるとバリエーションを簡単に作れるかと思います。あんまり穴が多くても穴だらけの機体になるし。
PCはPC-002A。ビルドシリーズ内でも対応機種は多いはずです。

ライフル:本機の基本武装。一般的なビームライフル。連射力に優れたコンパクトなものを採用。
バレルの換装で収束率、威力を上げることができる。

試しにカスタマイズも。アームアームズ(第14改参照)のスラスターを装備。 ランナーの都合で2丁作れるところはいつものHGBDですが、説明書時点で2本作るように記載があります。
商品仕様にも書いてくれれば。

キャノピータイプヘッド:不具合が発生したディメンジョンの環境に対応すべく対電磁ノイズ能力に優れる頭部換装ユニット。

写真ではクリアブラックを使用。キャノピーの色はクリアブルーにも変更可能。
ただし双方で窓枠は塗装必須。

ネイキッドの「兄弟」:コンセプトの似たGNネイキッドにとっては、彼らは背の高い「兄弟」と言えるだろう。
運用コンセプト、汎用性、拡張性。非常時には代替出来るような設計にもなっている。

登場からずっとやりたいと思っていた並び立ち。
可動については胸部のスライドを除くとレオパルド・ダ・ヴィンチと同等。手首はビルドバーニング・ビルドハンズと同様の可動手首ですが武器持ち手しか付属しません。
平手はビルドハンズから持ってくる指示です。

実質のベース機:GBN内には「完全新規」という触れ込みで設計が行われたと解説され、ベース機となるものは存在しないとされている。
あえてベースを述べるのなら「機動戦士ガンダム」のジムであろうか(説明書より)。

本当のベース、ダ・ヴィンチと。あの頃から気になっていた「HGBF1」ランナー。
当然ながら関節規格は同じ。可動3ミリ穴のある肩を移植すれば、ネイキッドとほぼ同等の拡張性になります。

ビルドブースター(第11改参照)を付けて。 背部一軸はストライカー系にも対応してくれます。

・・・また、レオパルド・ダ・ヴィンチから来る余剰パーツも活用してみましょう。
余剰パーツで作れるバックパックは背部一軸に装備可能。バックパックの拡張性がさらに広がります(それ以外への接続は若干相性が悪いです)。
もともと回転するバックパックなので、緩さが気になる方は接着しましょう。

バックパックジョイントはジョイント部分のみ付属し肝心のアームが付きません(ダ・ヴィンチの武装部分ランナーに付属)。
・・・こちらも活用しましょう。「鉄血」のC型ジョイントに対応します。すなわちグレイズ系の肩・・・
MSオプションセット8(第16改参照)のクロウシールドくらいかな。

玄人好みのガンプラ:後に一般のガンプラとして入手可能になった本機は、その拡張性の高さを活かして多くの戦場・その他任務に活躍。
GBN運営での活躍は皆がご存じの通りである。
オリジナルの外装や武装をカスタマイズして楽しもう(説明書より)。

もちろん、付属しないシールドやサーベル系統を他のキットやHGBCから持ってきてもよし。
これからはみんながフォース「アルケミスト」ごっこをしてもいいのです。

【次回予告予定】新しく買った物・拡張性の高い物から紹介してしまう展開をそろそろ直さねば。ジムジムウェポンズかチェンジリングライフル・・・

・・・年末。IBA編に「あの人」がやってくる・・・?

今回はガードフレーム販促、「GBNWeapons」。【第19改「ガードフレーム・ヌーヴォー」:HGBD GBN-ガードフレーム】

コメント0件

solphisさんがお薦めする作品0件

  • 【ガンプラビギナーズガイド】EX:GUNSTA投稿ガイドRe…

  • 「GBNWeapons」索引

旧GUNSTAではガンプラビギナーズガイドでお世話になった者です。普段はブログの方でポケプラジャーニーしていたり机の中のロンメル隊長と遊んでいたりします。 現在はHGBCガイド連載・「GBNWeapons」を中心に筆塗りでいろいろと組んでいます。 「ガンプラビギナーズガイド」は「Re:」として本サイトなどで不定期連載中です ※変更前の総評価点3062点 ブログ:https://solphis2.blog.fc2.com/