GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

【GBNW】40:HGBC Ez-ARMS

【GBNW】40:HGBC Ez-ARMS

GBN世界のガンプラビルダーに贈るHGBCガイド、「GBNWeapons」。
【第40改「嵐の中で輝けば」:HGBC 016 Ez-ARMS(イージーアームズ)】

第40改「嵐の中で輝けば」

嵐の中で輝き撃ちは、できっこない。

こちら、ジャブロー・ディメンジョン周辺。アルザスよ、どうぞ。
・・・って言っても、この戦場にいるフォースメンバーはあたしだけ。フォース・「アルケミスト」は実質、あたしの一人フォース状態・・・ぼっち、かぁ。
とはいえ、あたしがこのまま辞めるのもカツラギ的な意味で駄目だし、かといってメンバーを増やすのは守秘義務があるし・・・いっそのこと、一人の方がやりやすいってのは極論?
ともかく、今はジャブロー潜入ミッションで実弾兵器のテスト中。こうやって密林に身を潜めていると、ロンメル隊長が「リアリティ」にこだわる訳も解る気がするわ。
・・・いつ、一生を終えるか解らない(GBNはゲームなのでログアウトするだけだけど)。そんな中で行われる極限の死闘。殺し合う宿命・・・って感じ?

そういえば、ロンメル隊長の副官を務めてるクルトさん。あの人、現実世界では・・・らしいのよね。
GBNでは、頭さえ動けば擬似的な身体を得られる。子供も老人も関係なく、ね。だから、ここが第二の「人生」を送る場となってる人も少なくないらしいのよ。
GBNをそういう風に使うのか・・・と感心すると共に、ここが次第にもう一つの「世界」となっていることを実感しつつある今日・・・あ、動いた!
ジャブローの秘密ゲートが開いた・・・行ってくる!

(小説パートの補足)
・52改で終了させる予定は変わっていません。必要なHGBCはほぼ揃えたはず。ラスト1クール分。お付き合いください・・・
・ホビーサイト公式から「ビルドファイターズ」関係の一覧が不可能になってしまい(実機名や「HGBF」などのブランド名で検索しないと出ない)「ビルドファイターズ」もそんなに昔の話なのかと思う昨今です。
・「BFT」TV放映期のHGBCはそういえば今まであまり紹介していなかったような(パワードアームズパワーダーくらい)。時期的な背景には苦心しましたが「アルザスがぼっちになった後」にしました。

【武装データ】

キット種別:HGBC(ハイグレードビルドカスタム)
発売:2014年11月
価格:600円(税抜き)

関連ガンプラ:HGBF ガンダムEz-SR(2穴1軸ジョイント除き?付属)
HGBF ガンダムEz-SR フォックスハウンド(同上。プレバン)
HGBF ガンダムEz-SR-MAXIMA(同上。プロショップ限定)

机に向かって作戦を練るロンメル隊長(「シルバニアファミリー」の家具を使用しています。なおシルバニア、家具関係はPSなので塗装などもガンプラと同様にできる様子)。

まず私的なこととしては・・・ブログが移転準備中です
旧ブログからは自動転送できないのでこちらから。今までの記事についてはほぼ全て見られるはずです。
それに伴い、新ブログ内記事のリンク関係については新たに振り直さないといけないため(旧ブログを削除すると移動不可能になる)、現在そちらの作業に追われています。
よって、しばらくはこちらも縮小更新が続くかと思います。ご了承ください。

と言うことで今回はイージーアームズ。ネーミングは当然「G-ARMS」から。
ガンダムEz-SRのバックパックや電磁ナックルなど、イントルーダー・エリミネーターの武装セットとなります。
ランナー。グレー部分は通常PS。

セット内容。
バックパック本体
ブースターユニット×2
電磁ナックル×2(本体・ジョイント)
180ミリキャノン
ミサイルランチャー
ジョイントパーツ(2穴1軸・1軸1軸)

余剰パーツはアームが左右一対(シャドウファントムのレドーム懸架用アーム)とショートバレルビームライフルの先端。

ガンダムEz-SR:都立成錬高専高校科学部のチームが使用したガンプラ。
本体はガンダムEz-8の改造機。共通カスタマイズ部分にプラスして、白兵戦・射撃戦・情報戦のそれぞれに特化した3形態を持つ。
キットとしては3種のコンパチ仕様。のちに登場したマキシマは3機の装備を全部乗せしたもの。
フォックスハウンドはヤジマ・ニルスがマキシマの設計を流用、一部パーツを新造した二号機。
ブースターユニット:Ez-SRイントルーダー用の上部ブースター。

今回は少しさくさくと。
バックパック本体はAGP2軸で接続(ジョイントパーツで1軸変換可能)。下部スラスターユニット、スタビライザー部分が独立して可動。
上部の左右にはイントルーダー用ブースターユニットかエリミネーター用キャノン、ミサイルを選択式で装備可能。通常PSなのでへたりが心配です。
ちなみにブースターユニットは同一ランナーとなっており、左右に3ミリ穴が開いています。蓋用のパーツで左右を決める方式。

電磁ナックル:Ez-SR3機の標準ナックルガードパーツ。打撃は内部のファイターに衝撃を与える。
180ミリキャノン:エリミネーター用キャノン砲。陸戦型ガンダムの同名武装に酷似している。
ミサイルランチャー:エリミネーター用6連大型ミサイルポッド。

小説パートと同じ写真で。
エリミネーター用パーツの電磁ナックルは3ミリ軸で接続しますが、ネイキッドには穴がないため肩に装備。
電磁ナックル用のジョイントパーツは向きを変えることもできます。外部には3ミリ穴。
180ミリキャノンは仰角を付けることが出来、ミサイルランチャーは基部で左右に振れます。
キャノンの砲身は2パーツの接続式ですが・・・ちょっと動かしたら砲身が折れたので接着した方がいいかも。

余剰となるアーム部分は横に3ミリ穴、底部に四角軸。左右一対あります。
本来はシャドウファントムのレドームを接続しているアームです。
昨今の一般的なガンプラのすねから下などを接続できるアームだと言うこと。珍しい仕様です。

ジョイントパーツ。シンプルながら「二軸が丸見えになる」というちょっと珍しい仕様かな。
下部のスラスターを外すと3ミリ軸が現れます。

【次回予告予定】引き続き時間は足りなさそう。MSオプションセット3。

「GBNWeapons」。ブログ移転中のため縮小更新

コメント0件

solphisさんがお薦めする作品0件

  • 【ガンプラビギナーズガイド】EX:GUNSTA投稿ガイドRe…

  • 「GBNWeapons」索引