GUNSTA

デスティニーインパルスガンダム(オリジナルver)
  • 1424
  • 0

デスティニーインパルスガンダム(オリジナルver)

前回紹介しました、オリジナル設定を盛り込んだインパルスガンダムです。
旧HGフォースインパルスガンダム、旧HGデスティニーガンダムからキットを手に入れて、塗装と加工を施しました。
こちらも数年前に作ったガンプラなので、塗装剥がれがありますので、ご了承下さい。

※原作「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場するデスティニーインパルスガンダムとは、設定や外観がほとんど異なります。

機体名:デスティニーインパルスガンダム
全高:17.1m
重量:19.4t

デスティニーシルエットを装着した超攻撃形態にして、インパルスガンダムの強化形態。

DG細胞の力で誕生した形態でありながら、「DG細胞を破壊する」という特殊能力を持つ。これは、DG細胞で構成されたMSであれば一撃で倒せる事を意味する。ただし、敵の特性・耐性によっては、通用しない場合がある。

デスティニーシルエット

予備のフォースシルエットと、ザフト軍から入手した「ZGMF-X42S デスティニーガンダム」の武装パーツが、予備のフォースシルエットに付着していたDG細胞の力によって、変異・融合して、誕生したものである。
その為、基本的なベースはフォースシルエットだが、その上にはデスティニーのウイングと武装が追加された形状になっている。
内部には、DG細胞を生成できる永久機関「DG細胞動力エンジン」が搭載されており、装着している間だけ本体にDG細胞に感染する事で、機体性能を強化させる。言わば、「MS版の変身」である。
デスティニーシルエットの装着が解除されると、本体のDG細胞は瞬時かつ自動的に消滅する仕組みになっている。
なお、DG細胞に感染しているのはインパルスガンダム本体のみで、パイロットに感染する事は無い。しかし、この形態で戦いを続けると、肉体への負担が掛かる。また、パイロットに強い精神力が無ければ、脳が凶暴化し、暴走してしまう危険性がある。
また、
さらに、DG細胞を使用する副作用として、本体が受けたダメージが、パイロットにも伝達する欠点がある。

DG細胞の力によって、あらゆる性能が格段に強化されている。
特にアンリミテッドエンジンのエネルギー生産量は2倍に向上している。
デスティニーシルエットの背部のウイングユニットは、高推力ブースターとして機能し、機動力を大幅に引き上げる。ただし、パワー重視のスペックかつ、総重量が増した事もあり、フォースインパルスガンダムのような三次元機動は不可能。
本体内蔵されていた高エネルギー収束機器は、エネルギー量の向上に伴い、使い勝手が良くなり、武器を使わないパンチやキックなどの打撃による攻撃力が上がった事もあり、物理攻撃は強力になっている。
防御力も群を抜く程に強化されており、シールド無しでも、高出力ビームの直撃すら無傷で耐える程。
さらに、デスティニーガンダムの武装自体が強力である為、武装面でも高い攻撃力を誇る。

この形態では、素体形態とは対称的に、強力な攻撃力を用いて敵を圧倒する「恐竜」のような荒々しい戦い方を得意とする。

武装は、大型ビームソード「アロンダイト」、高エネルギー長射程ビーム砲、デスティニーシルエットのウイングユニット。また、素体形態の胸部の2門の機関砲は、DG細胞の力によって、ビームサーベル発振器「ビームスティンガー」としても機能するようになった。
両腰部に収納された対装甲ナイフ、ビームシールド発生装置を内蔵した「インパルスシールド」、高エネルギービームライフル、胸部の中央のV字部分に独自に内蔵した固定型の高出力ビームキャノンも、引き続き使用可能だが、この形態ではあまり使われない。

必殺技は、ビームスティンガーで敵を貫きウイングユニットによる冷気で氷漬けにした後で右脚回し蹴りで粉砕する「デモンズブリザード」、アロンダイトのビーム刃を最大出力にして敵を叩き斬る「グランド・オブ・スラッシュ」、高エネルギー長射程ビーム砲から放つ超高出力ビーム「デストロイドゥーム」。

ビームスティンガー

砲門からビームサーベルを発生させて、敵を串刺しにする他、ビームキャノンとしても機能する。機関砲としても健在。
デスティニーシルエットの装着が外れると、この機能は自動的に消滅する。

アロンダイト

「ZGMF-X42S デスティニーガンダム」が装備していた大型ビームソード。
元々のバランスの悪さに加えて、重量が若干増加しているが、斬撃力と強度が大きく強化され、本機のパワーだけで片手で振るう事ができる。
なお、折り畳んだ状態でも斧のような使い方ができる。

高エネルギー長射程ビーム砲

「ZGMF-X42S デスティニーガンダム」が装備していたビームランチャー。
ブラストシルエットと同系統の武装であるが、威力と連射性が強化されている。

デスティニーシルエットの背部のウイングユニット自体も切れ味が高く、飛行しながら敵を斬りつけることができ、その大推力を生かして、一瞬で敵の間合いに近づく事ができる。

制作には、フォースシルエットのウイングパーツとビームサーベルを取り外し、そこにデスティニーのウイングと武装を組み込む事で、独自のデスティニーシルエットとして完成しました。
その結果、デスティニーガンダムの特徴を残しつつ、インパルスガンダムとしての姿を保ったまま進化する事に成功しました。
これは、旧HGモデルのインパルスガンダムとデスティニーガンダム同士だからこそ、実現出来たものだと思っています。

ちなみに、以下は余談です。

・この見た目からは想像出来ないと思いますが、実は今回の独自設定には、「仮面ライダーオーズ プトティラコンボ」の特殊能力や特徴が、所々に反映されています。

・そして、機動武闘伝Gガンダムが由来となる「DG細胞」という設定にも、独自の設定を加えてみました。
これからの作品にも、これらの独自設定を存分に組み込もうと思います。

  • サイトの埋め込み

コメント0件

好きな機体は、インパルスガンダムです。 ただ、投稿する作品の機体の設定や世界観は、原作と大きく異なるものがあり、別々のガンダムシリーズの設定をクロスオーバーさせた作品もあります。 また、ガンダムシリーズのみならず、仮面ライダーなどの特撮作品も観ている為、私が投稿する作品の機体の中には、それらを参考にした独自の設定が、これでもかと言うほど満載されています。 塗装もあまり得意では無いので、温かい目で見ていただけると幸いです…。

インパルスさんがお薦めする作品0件

  • フォースインパルスガンダムエクストリーム

  • ミーティアユニット(フォースインパルスガンダムエクストリーム…

  • ムテキインパルスガンダム

ガンダムAGE-3ノーマル(オリジナルv…

HG ガンダムAGE-3 ノーマルを組み立てました。 ※今回の独自設定…

ミーティアユニット(フォースインパルスガ…

今回は、HG1/144スケールのミーティアユニットを、同じく1/144…

ガンダムデスサイズヘルカスタム(オリジナ…

数年前に組み立てた、HG1/144のガンダムデスサイズヘルカスタムです…

ガンダムデスサイズ(オリジナルver)

今度は、旧キットのガンダムデスサイズを組み立てました。 こちらも、独自…

関連ガンプラ作品

鉄血のオルフェンズ作品投稿コンテスト

「おい、バルバトス…いいから寄越せ、お前…

合わせ目消しはせず、プラ表裏両面に三日月の血を吸っているイメージで赤の…

鉄血のオルフェンズ作品投稿コンテスト

ガンダムマルコシアス(ミキシング)

ガンダムマルコシアスとバルバトスルプスのミキシングをして筆塗りからウェ…

HGUC クロスボーンガンダムX0

初投稿です。これからちょくちょく投稿していこうと思いますのでよろしくお…

HG モビルドールメイ

ちょっと気になってたキットだったのを安く売ってたので作ってみました。 …