専任護衛LEV
  • 824
  • 0

専任護衛LEV

操兵ワールド参加機体です。
○第4期LEV シルト

WARESの開発した第4期LEVの一機種。ヴェルクートの運用データを踏まえて、『マルドゥクプロジェクト』における戦略兵器の無人直掩機として開発が進められた。
特に防御性能の向上を目的として、被装甲率を高めている。特に胴体可動部にもエネルギー伝導装甲が用いられており、これはヴェルクートの撃墜記録から特に胴体可動部を狙われた事に着目しての措置である。
さらにより改良された対人戦闘プログラムをインストールする事で、無人機特有の単調な行動パターンが改善され、フェイントや時間差攻撃など、より高度な戦術を能動的に行う事が可能となっている。

本機は旧大戦後期には完成していたが、肝心の戦略重攻撃機の開発が難航していた為、運用試験を兼ねて暫定的にヴェルクートNP/CPの直掩機として使われる事となり、一部の戦線では一定の戦果を上げている。

○ E.R.B.A tipe-Δ
エーテリックライフルにビームサーベル発振部を追加装備した改良型。エーテルカートリッジを二つ搭載する事で、ライフルとソードを同時に運用する事も可能となっている。本機の専用装備という訳では無く、性能向上型の装備として後期型LEVに用意された物の一つである。

○超高温焼夷榴弾砲
超高温で長時間燃焼を続ける特殊燃焼剤を仕込んだ弾頭を用いたレールガン。理論上は魔導障壁を無力化出来る(無力化であって突破では無い)性能を有しており、試験的に100発分が製造されたが、開発が旧大戦最終盤であった事から、実戦には使用されておらず、ケイブ・セクター07に保管されたままとなっている。

最初期案。この時点ではまだセラヴィのまんま。シェヘラザードのままだと足だけが長過ぎると思っていたので、元の足首を省略して、胴体と上腕を延長してバランスを取りました。

バックパックにリゼルディフェンサーの腰バーニアを採用。

それから色々飾りつけたり、頭部を盛ったりして最終的な形状を出しました。

上腕は蛇腹状になるように装甲を二つ使って、スペーサーを挟んで延長しています。
以上、ご静聴ありがとうございました。

  • サイトの埋め込み

拙い出来の機体ですが、コメント、アドバイス頂けると嬉しいです。

コメント0件

はじめまして。ガンプラ好きのオッサンです。 好きな時に好きなものを好きなようにしか作っていませんが、コメント頂けると嬉しいです。

鹵獲フレッシル『ガイスト』

操兵ワールド参加機体です。 まるいるかさんのフレッシルを鹵獲、改修した…

重操兵シュトルム・グライフ

操兵ワールド参加機体です。 同盟の傭兵部隊『グライフリッター』で運用さ…

機操兵マーセナル・グライフ

操兵ワールド参加機体です。 同盟の傭兵部隊『グライフリッター』で運用さ…

邪甲兵ニズヘッグ

操兵ワールド参加機体です。魔族の駆る兵機、邪甲兵を作成しました。 ○邪…

関連ガンプラ作品

作業用(地盤掘削用)大型従兵機 モール

操兵ワールドには、自由都市同盟という国家が存在する。自由都市同盟都市同…

鹵獲フレッシル『ガイスト』

操兵ワールド参加機体です。 まるいるかさんのフレッシルを鹵獲、改修した…

重操兵シュトルム・グライフ

操兵ワールド参加機体です。 同盟の傭兵部隊『グライフリッター』で運用さ…

機操兵マーセナル・グライフ

操兵ワールド参加機体です。 同盟の傭兵部隊『グライフリッター』で運用さ…