鹵獲フレッシル『ガイスト』
  • 568
  • 0

鹵獲フレッシル『ガイスト』

操兵ワールド参加機体です。
まるいるかさんのフレッシルを鹵獲、改修した機体という設定になります。
オラザク2020出展作でもあります。

旧大戦末期にWARESが鹵獲した普遍の古操兵フレッシルを特殊強襲部隊仕様として大幅改修した機体。 フレッシルを運用する部隊の拠点をアンドロイド特殊部隊で強襲し強奪している。鹵獲されたフレッシルは全部で16機あり、うち8機がこのタイプに改修されている。
エーテリックメガランチャー二門を副腕型固定装備とし、胴体部に格闘用主腕を持つ。魔力の低いアンドロイドでの運用が前提の為、補助動力としてエーテルカートリッジよりも高出力の『エーテリック・リアクター』2機を両脚太腿内部に増設し、操作系をWARES規格に変更して、第4期LEVの人格AIとアンドロイド専用操縦補助システムである『オペレーティング・ジェミニ』を搭載している。
また、特殊強襲部隊用として高度な対電磁波レーダーステルス機能(妨害電波発生装置等のセンサー撹乱用アクティブジャマー、レーダー波反射形状や電磁波吸収塗料等のジャミングシステム)を搭載している為、非常に発見されにくい仕様となっている。この為、素のフレッシルから姿が変わってしまっているが、このような改修さえも受け入れるあたりは皮肉にもフレッシルの拡張性の高さを窺わせる。
新人類解放軍からは、気配を感じさせず近づき強襲して掻き消えるその様から『亡霊』と忌み嫌われた機体である。
旧大戦最終決戦前の新人類解放軍最重要施設への奇襲作戦において、一定の被害を与えた代わりに作戦に参加した6機の『ガイスト』は全機撃墜された記録が残っている。

○A.R.B.A type-μ
ハンドガンサイズに切り詰めたエーテリックライフルに高速振動剣をマウントした装備。格闘用武器としての性能を重視した仕様で、近接戦で魔導障壁を排除後に近距離からの連続射撃で古操兵を制圧する。

○エーテリックメガランチャー
機体の両肩から副腕として固定装備されている高火力火器。古操兵との戦闘よりも、主に遠距離からの狙撃で施設などの破壊に使用された。

副腕キャノンと主碗のガンでの四門同時射撃。

ガンソードでの近接戦。

格闘用主碗の稼働範囲はそこそこ広いので、こんなポーズも取れます。出来るのならやらせたくなるんですよねぇ。

最初期。構想をとりあえず形にしただけの状態です。

副腕をガンダムレオパルド・ダ・ヴィンチの足から持ってきました。3mm軸の接続穴がちょうど良かったので。

格闘用主碗の接続はこのようにしています。結構稼働範囲が広いですね。

ヘイズルのシールドとハイゼンスレイⅡの肩ビームキャノンを副腕の装備として使用。それから膝下をヘイズル2号から持ってきました。接続は3mmランナーを差し込むようにしています。

バックパックにヘイズル2号のユニバーサルスラスター、腰に余剰となるウーントウォードの太腿部をブースターとして配置しました。

頭部も余剰パーツのウーントウォードヘルムにハイゼンスレイⅡのマスク部を加工して使用しています。ジャンクパーツで後方に伸ばすようにしています。

ガンソードはバインダーガンのハンドガンと持ち手部分を合わせて、プラ板、コの字プラ棒でブレード部分を作っています。

あとはTRシリーズ系のパーツなどでデコレートして、サフって筆塗りで仕上げています。
ご清聴ありがとうございました。

  • サイトの埋め込み

拙い出来の機体ですが、コメント、アドバイス頂けると嬉しいです。

コメント0件

はじめまして。ガンプラ好きのオッサンです。 好きな時に好きなものを好きなようにしか作っていませんが、コメント頂けると嬉しいです。

従兵機レイ・アッサル

操兵ワールド参加機体です。開催中の従兵機コン参加機体にもなります。

重操兵シュトルム・グライフ

操兵ワールド参加機体です。 同盟の傭兵部隊『グライフリッター』で運用さ…

機操兵マーセナル・グライフ

操兵ワールド参加機体です。 同盟の傭兵部隊『グライフリッター』で運用さ…

邪甲兵ニズヘッグ

操兵ワールド参加機体です。魔族の駆る兵機、邪甲兵を作成しました。 ○邪…

関連ガンプラ作品

従兵機レイ・アッサル

操兵ワールド参加機体です。開催中の従兵機コン参加機体にもなります。

作業用(地盤掘削用)大型従兵機 モール

操兵ワールドには、自由都市同盟という国家が存在する。自由都市同盟都市同…

重操兵シュトルム・グライフ

操兵ワールド参加機体です。 同盟の傭兵部隊『グライフリッター』で運用さ…

機操兵マーセナル・グライフ

操兵ワールド参加機体です。 同盟の傭兵部隊『グライフリッター』で運用さ…