GUNSTA

コピーできました!

従兵機レイ・アッサル

従兵機レイ・アッサル

操兵ワールド参加機体です。開催中の従兵機コン参加機体にもなります。

従兵機レイ・アッサル アピールショット1
従兵機レイ・アッサル アピールショット2
従兵機レイ・アッサル アピールショット3
従兵機レイ・アッサル アピールショット4
従兵機レイ・アッサル アピールショット5
従兵機レイ・アッサル アピールショット6
同盟のロアコフの仕様に影響を受けたとある技師によって、ガエ・アッサルをベースに試作された従兵機。その為、名称にベース機の名残を残し、後述する装備からエイ(レイ:英語名)の刺すイメージで名付けられた。
この機体のコンセプトはロアコフの設計思想を色濃く反映して、脚部のランドローラーによって一気に接敵し、両腕のクローで掴んで固定した後、すぐに内蔵したパイルバンカーで仕留めるというもの。
ランドローラーはロアコフよりも大型化させ、強力なパイルバンカーは一撃で機操兵をも仕留め、重操兵も関節を狙えば仕留める事が出来る。
この事から、この機体は完成すれば操兵の地位を脅かす程であり、従兵機の歴史を大きく変えるポテンシャルを持っていた、そう、完成すれば…

実際には、腕部クロー及びパイルバンカーは及第点の代物であるが、ランドローラーの速度を重視した為に脚部のバランスが非常に悪く、ピーキー過ぎて安定性が杜撰と言えるレベルであった。安定した機体制御を行う為には従来のトワル・スフィアでは能力が足らず、より高級なコード・スフィアを組み込む必要性が生じ、製造コストも跳ね上がる事となった。
また、強力な腕部を戦闘で活かす為には操手にアクロバティックな操縦技術が必要であった。

結局のところ、たかが従兵機にそれ程の腕の操手を充てがうのは不毛でもあった為、この機体は失敗作とされ、製造されたのは数機の試作機のみであった。

その後、この機体はテスト操手をしていた傭兵に安価で引き取られ、どこぞの紛争地帯で活躍したとかしないとか…
従兵機レイ・アッサル アピールショット9
まずはジャンクになっていたハイゴッグの胴体を引っ張り出してきました。
従兵機レイ・アッサル アピールショット10
どういう風に構成するか、全くのノープランで始めたので、手足を用意していませんでした。とりあえず、最初に頭部カバーの切り離しから行いました。
従兵機レイ・アッサル アピールショット11
ジャンクパーツをより集めて手足を構築。
従兵機レイ・アッサル アピールショット12
従兵機レイ・アッサル アピールショット13
クローハンドをジャンクから持って来て、差し替えでパイルバンカーを仕込みました。パイルバンカーはランナーを尖らせ作りました。
従兵機レイ・アッサル アピールショット14
従兵機レイ・アッサル アピールショット15
従兵機レイ・アッサル アピールショット16
あとは色々迷走してから1ヶ月以上放置していました。結局、元の仕様で落ち着きました。
ご清聴ありがとうございました。
  • サイトの埋め込み
拙い出来の機体ですが、コメント、アドバイス頂けると嬉しいですです。

コメント2件

  1. Tulsa_Birbhum 8か月前

はじめまして。ガンプラ好きのオッサンです。 好きな時に好きなものを好きなようにしか作っていませんが、コメント頂けると嬉しいです。

関連ガンプラ作品

  • rating_star139
  • rating_star102