ザクⅡ乗りのグフカスタム
  • 336
  • 6

ザクⅡ乗りのグフカスタム

HGUCのグフカスタムをザクカラーで作ってみました。
以前製作した熱帯戦用ドムにシンボルのガトリングシールドをあげてしまったので、普通に組んでもサマにならないと思い悩んだ末、今回の形になりました。

開戦時からずっとザクⅡに搭乗していたパイロットに支給されたはいい物の、後方で機種転換訓練を受ける暇もなく実戦に出撃しなくてはいけなくなったら…という想像をしました。
機体自体は同じジオニック社製なのでOSやUI等はほぼ共通で何とかなりますが、クセの強い武装は訓練無しではとても実戦で使いこなせないと判断し、急遽現場の前線基地で使い慣れたザクⅡの装備に換装した、という設定です。

ゲームでは新機体を手に入れたらすぐに乗り換えて実戦で獅子奮迅の活躍が出来ますが、実際のMSを考えるとそんな芸当が出来るのはごく一部のエースパイロットくらいだろうなと想像しながら作業を進めました。
グフカスタムを支給されるパイロットも相当腕が立つ部類だと思いますが、そのような芸当が出来るパイロットは決して多くなかったと思います。
しかしグフカスタムが登場した頃のジオン地球軍には、現場の優秀なパイロットを暫く後方に置いて訓練を受けさせるような余裕は無かったと想像しました。
そんなジオンの逼迫した戦況を透かして演出できればと思い、今回のセッティングを組んでみた次第です。

グフカスタム特有のトリッキーな戦術は展開できませんが、ザクⅡの純粋な上位互換機として運用できました。
ザクⅡでは重力下で運用できない(オラ設定)ジャイアントバズも軽々扱えます。
改修箇所は下記です。
・両肩アーマーをザクの物に変更
・射撃兵装もザクと同様の物を使用
・近接兵装も使い慣れたヒートホークを使用(ただしグフカスの出力に合わせて発熱効率、温度は向上)
・ヒートロッド射出機構は左腕に移設し、グレネードランチャーに改造
・カラーリングは一般的なザクの色とし、欺瞞性向上

両肩をザクの物に換える事で、防御行動やタックル時の姿勢等はザクのそれと同じ操縦感覚で対応できます。
基地の在庫品を換装したので、本体に比べて塗装の色味が若干違います(生産工場、ロット差、経時退色要因等による色バラつき)。

同じスプレーで塗装した後、ウェザリングカラーのホワイトにほんの少し青を混ぜてフィルタリングしてみましたが、もうちょっと強くやってしっかり違いを出すべきでした。

射撃兵装はザク同様、任務によってフレキシブルに持ち替え可能です。
120mmマシンガンを携行する場合は予備弾倉を腰部に2個装着し、継戦能力を高めています。
後述しますが、ヒートロッド射出機構は射撃兵装と干渉しやすく、そのままではザク同様の取りまわしが出来ないので、前腕を左右入れ替えています。

120mmマシンガンはオリジンHGの高機動試験型ザクの物です。
現在このキットにしか付属していないデザインの物で、MGザクVer1.0のマシンガンによく似た造形です。
個人的にはこのデザインが一番好きなので、通常オリジンキットでも付属して欲しいです。

両腰サイドアーマーにはマウントラックを設け、予備弾倉やグレネード等の携行数を増やしています。

サイドアーマーにドリルで穴を空け、3mmジョイントパーツを差し込んでいます。

近接兵装も暫定的に使い慣れたヒートホークを腰に装備しています。
ただし、ヒートサーベルの方があらゆる面でヒートホークより優秀でしたので、パイロットは一刻も早く慣熟訓練を完了しグフシールド+ヒートサーベルに換装したい思いだったでしょう。

ヒートロッド射出機構は左腕に移動しています。
ヒートロッドはかなり癖のある兵装なので未訓練での実戦投入で活用は期待できず、扱いの簡単なグレネードランチャーに改造してあります。
MMP-78のグレネード弾を使用します。
以前製作したグフでも同じオラ設定をしましたが、お気に入りの設定です(笑)
弾頭はランナーの先端を丸く整形し色を塗っただけです。

全体のカラーリングは一般的なザク量産カラーに準拠しています。
両肩のアーマーも相まって欺瞞性は高かったと思われます。
敵対する連邦軍部隊がザクⅡとグフカスタムを見誤れば結構な戦力誤算を強いる事ができ、その後の戦闘を有利に運べます。

工作内容はキット自体が優秀なので少ないです。
合わせ目消しはふくらはぎ下のフレア部と肩部のみです。
後ハメ加工はヒザ関節のみでした。
シールドはHGUCザクⅡ、スパイクアーマーはF2ザクの物です。
特に拘りは無く、家に余っていた物を使用しました。
肩部はグフカス純正のままだとアーマー取り付け軸が下過ぎたので、HGUC高機動型ザクの物に換えています(構造が近いのでポン付けでした)。
腰部のマウントラックも、思いつきで10分で完成したお手軽加工です。

グリーンの塗装はクレオスのガンプラ用スプレーです。
塗装後ウェザリングカラーのブラックでスミ入れ兼ウォッシングし乾燥後、エナメル塗料でドライブラシ。
一旦クリアコートし再度ウェザリングカラーのブラウン系を複数色使いピンウォッシュを掛けてみました。

モノアイは今までの投稿作品同様、モノアイ部をドリルでくり抜きビルダーズパーツのサイトレンズ(ピンク)を嵌め込み、裏からキット付属のホイルシールの銀色部をあてがって反射を強めています。

以前製作した現地改修グフA型(HGUCリバイブ版)と並べてみました。
どちらも出来が良く、作っていて楽しいキットでした。
汎用性に振ったグフが大好きなので、また折を見てザクみたいなグフを作りたいと思います(笑)

最後までご覧いただきありがとうございました。



  • サイトの埋め込み
ザク乗りがグフカスを受領したは良い物の、機種転換訓練する間も無く実戦に出る事になったら...と妄想して作りました。

コメント6件

  1. Tulsa_Birbhum 2週間前
    • 4039 2週間前
  2. ロートル 2週間前
    • 4039 2週間前
  3. Zoo 2週間前
    • 4039 2週間前

最近、10数年振りに再びガンプラにハマり始めた30代半ばです。 自身の製作備忘録も兼ねて、ここで記録していこうと思います。 0079~0083あたりまでのミリタリー色の強いMSや設定が好物です。 1/144をメインに作っていくつもりです。

4039さんがお薦めする作品0件

  • 現地改修 グフA型

  • ザクⅡF型(08小隊版HGミキシング)

  • HGオリジン ノーマルジム リアルタイプ風

ジム ホワイトディンゴ風

オリジンHGのジムナイトシーカーとHGUCガンダム(ver G30)を…

  • 4
  • rating_star46
  • 304

陸戦型ジム 前衛機

連邦陸戦型シリーズを組もうと思い立ちましたが、それなら小隊を組まねばと…

  • 2
  • rating_star42
  • 400

ボール ミサイルランチャー搭載型

家に余っていたオリジンスナイパーカスタムのミサイルランチャーをHGUC…

  • 8
  • rating_star42
  • 120

陸戦高機動改修型ザク

オリジンHG高機動試験型ザクをベースに、陸戦用の現地改修機をオラ設定満…

  • 6
  • rating_star60
  • 448

関連ガンプラ作品

HGUCグフ

HGUC若番グフです。若干の可動域拡大以外の改造はほとんどせず、概存モ…

  • 1
  • rating_star12
  • 32

hguc百式リバイブ

初の缶スプレーランナー塗装に挑戦してみました。黒サフからのタミヤチタン…

  • 0
  • rating_star16
  • 152

ザクウォーリアT²部隊仕様 ガナー装備

久々のMG。 最後に組んだのはいつだったか。デルタプラスとかは組んだ記…

グフ

ランナーパテの実験台になったグフです。 モノアイ部分のみ塗装、エナメル…

  • 4
  • rating_star11
  • 120