プロトタイプ・ドム

プロトタイプ・ドム

なんとか今年もドムの日に間に合いました!

今年は1/144旧キットの「プロトタイプ・ドム」です。

相変わらず古くさいキットで恐縮ですが、それなりにこだわった塗装やちょっとした改造などは是非見ていただきたいので、よろしければご覧になっていってください。

正面素立ちです。
使用したキットは「1/144 局地戦闘型ドム」です。
去年のドムの日に投稿した作品のひとつ、「熱帯戦用ドム量産型」を製作した際に丸々余ってしまったドム本体を再利用しました。
基本塗装はツヤ消し黒にツヤ消し白を若干混ぜた黒色にニュートラルグレー、黒鉄色、そして赤色です(いずれも水性ホビーカラー)。
キットの説明書に載っている塗装見本の写真はウェザリングがキツ過ぎてほとんど参考にならなかったので(orz)、ネットで検索した1/100スケールの写真や、こちらのガンスタさんに投稿されている素晴らしい作品の数々を参考に塗り分けました。
またモノアイは、裏をシルバーで塗装したHアイズを貼り付けました。

リアビューです。
バックパックは「1/144 プロトタイプ・ドム」のキットから流用しました。
このバックパックの造形、相変わらず旧キットとは思えないトンデモクオリティです。
また、ヒートサーベルだけでなくジャイアント・バズもマウント可能なところが嬉しいですね。

サイドビューです。
デカールが非常にカッコいいです。
キットの説明書に指定はありませんでしたが、箱絵のイラストではスネの側面にも「3」のマーキングが入っていたため、余ったデカールを貼ってみました。

武装一式です。
と言っても、ジャイアント・バズとヒートサーベルのみですが・・・。
ヒートサーベルは非稼動状態のグレーのモノと、稼動状態のスカイブルー、オマケでオレンジ色のモノを用意しました。

というワケで、早速装備させてみましょう!

ジャイアント・バズ装備です。
古いキットのため、残念ながらこうして脇に抱えるポーズが精一杯ですが、やはりドムといえばこの武装ですね。

ヒートサーベル装備です。
オレンジも悪くはありませんでしたが、やはりドムのヒートサーベルはこの色がしっくりきますね。
旧キットだとなおさらです。
ちなみに腰と足首の関節をいじってあるので、それなりにポーズが決まるようにはなっています(関節の加工については、また後ほど)。

ランナー塗装ビフォーアフターです。
ご覧の通り、使用したのは局地戦闘型ドムです。
どうせ組み立ててから塗り直しはしますが、このパーツの段階で一旦色を塗っておくと、細かい部分を後で塗る手間が省けますし、何より完成時のイメージが掴みやすくなる気がします。

胴体の加工です。
ベルト(?)の上で上下に分割したあと、上半身にはポリキャップを固定したプラ板を、下半身にはランナーを切って作ったプラ棒を取り付けてあります。
これにより、腰のひねりを再現できるようになりました。

足首関節です。
もともとキットに付属していた関節パーツをベースに、プラ板とパテでボールジョイント(♂)を製作しました。
スネ内部にはポリキャップでボールジョイント受けを取り付けてあります。
ここの関節をボールジョイントにするだけで、キットが取れるポーズの幅がかなり広がるのでオススメです。

手首です。
画像右が加工前、左が加工後です。
少々見づらいですが、このキットの平手には四角い肉抜き穴が空いているので、プラ板とパテで塞いでおきました。
これだけでも見た目がかなり改善します。

後頭部です。
動力パイプ接続用のパーツが付属していなかったので(プロトタイプ・ドム用の動力パイプ自体は局地戦闘型ドムのキットに付属していました)、プラ板とパテで自作しました。
少々長すぎる気もしますが、まぁこんなもんでしょう(笑)。

ラインマーキングを手描きです。
今回、肩アーマーとスネの赤いラインをマスキングと筆塗りで再現してみました。
手順としては、まず大ざっぱに赤いラインを筆で描き込み(画像右の脚)、塗料が乾いてから、赤色を残したい部分を細切りにしたマスキングテープで保護します(画像右の腕)。
次にマスキングの上から、マスキングテープごと本体の色を塗り(画像左の腕)、本体色が乾いたら慎重にマスキングテープをはがします(画像左の脚)。
完成写真などでじっくり見ていただきたいのですが、個人的にはかなり上手くいったと思っております(笑)!

最後までご覧いただきありがとうございました。
「ドムのキットにハズレなし」なんていう格言もありますが、こちらのキットも多分に漏れず、旧キットながらちょっとした関節の加工だけでかなりカッコよくなりました。
やはりMSVは傑作キットぞろいですね!

さて、ここまでご覧になっていただいた方の中には、こんな疑問を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか?
「局地戦闘型ドムの体にプロトタイプ・ドムのバックパックを取り付けたら、今度はプロトタイプ・ドムの体が丸々余るハズだよな? ・・・その胴体、どこに行った・・・?」

「君のような勘の良いガキは・・・大好きだよ!!」
はい!実はプロトタイプ・ドムの本体は、別機体に改装予定です!!というか、10年以上前に改造するつもりで買ってきたプロトタイプ・ドムのパーツをそのまま流用したんですよね・・・。
しかし、当時の自分では肝心の改造方法が思い付かず技術もなかったため、ずっと放置状態でした。が!今の俺ならイケる(多分・・・)!!
というワケで、どれだけ先になるか分かりませんが、プロトタイプ・ドムを改造した作品もいつか投稿したいと思っていますので、よろしければまた覗きに来てください。
ちなみにどんな機体に改造するかは、過去の私の投稿をご覧になって傾向が分かっていらっしゃる方なら予想できてしまうかもしれませんが、そこは言わぬが花というもの。ネタバレ、ネタつぶし、ダメ!絶対!!
最後になりますが、本作品をご覧になっての感想などいただけますと幸いです。

  • サイトの埋め込み
「ドムのキットにハズレなし」とは、まさにこのキットのための格言だといっても過言ではないでしょう(※過言です)。

コメント20件

  1. GORO55 2週間前
    • Zoo 2週間前
  2. 鯖豚定食 3週間前
    • Zoo 3週間前
  3. LーM 3週間前
    • Zoo 3週間前
  4. 中光國男 3週間前
    • Zoo 3週間前
  5. Tulsa_Birbhum 3週間前
    • Zoo 3週間前
  6. sora 3週間前
    • Zoo 3週間前
  7. ロートル 3週間前
    • Zoo 3週間前
  8. 蒼き鷹 3週間前
    • Zoo 3週間前
  9. 4039 3週間前
    • Zoo 3週間前
  10. pontyan 3週間前
    • Zoo 3週間前

昨年、スマホのネットアプリ(?)のオススメで発見して登録しました。 地味な作品が多いかもしれませんが、暇を見て投稿していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

ザク強行偵察型

高校生、大学生の頃に製作した、1/144 のMSVキットです。 現在、…

プロトタイプ・グフ

「グフの日」投稿第2弾です。プレミアムバンダイで発売された「プロトタイ…

グフ

なんとか本日(グフの日)中に間に合いました。 私にしては珍しく(?)、…

水中用ザク

夏だ!水着だ!!水陸両用モビルスーツだ!!!・・・はい、いきなり意味不…

関連ガンプラ作品

GNフラッグ ver.GK(グラ狂)

Twitterで始めた 私の取るに足らないGNフラッグ制作記・・・全1…

  • 0
  • rating_star72
  • 360

RGM-79[G]CV-ST 陸戦型ジム…

漫画「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」

レギンレイズジュリア

可愛くしてみました。

PF-78-1 パーフェクトガンダム

ついに完成しました。パーフェクトガンダムです。たまたま中古ショップから…

  • 0
  • rating_star20
  • 56