GUNSTA

コピーできました!

【GBNW:EX】56:ユーラヴェンガンダム【BEYOND】
  • 1328
  • 0

【GBNW:EX】56:ユーラヴェンガンダム【BEYOND】

「GBNWeapons:EX」、「ラストミッション」。
新生「ビルドダイバーズ」、もう一つの最終決戦。
【EX56/第108改「ラストミッションIX:宙(そら)を渡す」】

「GBNWeapons」シリーズ索引はこちら
「ラストミッション」前回はこちら

【GBNW:EX】56:ユーラヴェンガンダム【BEYOND】 アピールショット1
## 第108改「ラストミッションIX:宙(そら)を渡す」

※*「ラストミッション」のシナリオはシドー・マサキの救出が確定する22話よりも前、配信再開前に設定しました*

俺達は戦う。この宙に、渡すために・・・!

~GBN内・「エルドラの月」近傍~

俺達の惑星・エルドラでのミッションは、思わぬ形で終わった。
エルドラの防衛システム・アルスは、GBNへの量子化を敢行。「エルドラの月」に達した俺達5人、そしてシドー・マサキごとGBNへ逆転送されてしまった。
これにより、エルドラの「ヒトツメ」はすべてその活動を停止していると思われた。聖獣・クアドルンやレジスタンスのみんながなんとかしてくれていると今は祈るしかない。

その代わり・・・GBNは「ヒトツメ」のガンプラで大混乱に陥った。
フレディが操作していたGBNとエルドラを繋ぐミッションポイントも使用不可能となり、俺達には新たなミッションが舞い込むことになった。
融合が進むGBNと現実世界の中で、エルドラはこのGBNにある。
GBNはアルスを倒すため、ロールバック・・・いわゆる「巻き戻し」される。そうすることでアルスの存在を封じるつもりらしい。
そして、ロールバックで現実とGBNが切り離される可能性は五分五分ではあるものの・・・エルドラに、フレディを帰さなければならない。
この世界で「ELダイバー」として暮らす選択肢もあった。しかし、それは・・・してはいけない。
フレディを待っているエルドラの民が、いるんだ。

俺達は会合を持ち、来る最終決戦に備えることになった。
フレディを送り出す手段については、何人かのダイバーの指摘によって見当が付いていた。
*惑星間航行*。手元には、「ネプテイトアーマー」があったから。
その機構を応用し、さらに迅速に移動を行うための追加装備、そしてGBN管理サイドの協力も得て、「エルドラの月」の衛星砲を沈黙させるための火力、それに必要なエネルギー供給能力。
そして・・・シドー・マサキを元に返すためにも、狙撃が必要となる。
ウラヌスアーマーに全装備を集中する形で、カザミ達の協力も得ながら・・・
最終決戦のその時、俺達は飛んだー
【GBNW:EX】56:ユーラヴェンガンダム【BEYOND】 アピールショット2
~GBN内・惑星「エルドラ」事件についての資料~

・・・量産された数十万機の「ヒトツメ」で、GBNは蹂躙されつつありました。
俗に言う新生「ビルドダイバーズ」は、GBNの全ダイバーの協力も得ながらこれに立ち向かいました。
GBN管理サイドは「エルドラの月」の衛星砲破壊のため、*「デュートリオンビーム」*の使用を許可。
本来の数倍のエネルギーを使用可能になったユーラヴェンガンダム【BEYOND】は惑星直列砲・グランドクロスバスターで衛星砲を沈黙。
ついでの戦闘でシドー・マサキに修正パッチを打ち込み、GBNからのログアウトに成功させたのです。

戦いは、勿論これで終わったわけではありませんでした。
アルスが直接操縦する*アルスアースリィガンダム*とユーラヴェンガンダム【BEYOND】は一進一退の攻防を繰り広げ、ついには撃退に成功。
フレディは惑星・エルドラに帰された・・・と言われていますが、これについて管理サイドで確認できる要素はごくわずかです。
フレディの行方、そもそもの成否は、新生「ビルドダイバーズ」の4人の手で現在も秘匿中です。

アルスと「ヒトツメ」が消え、*「Ver.1.78a」*にロールバックされたGBNに、ひとときの平和が戻りました。
・・・運営にとっては予想外の事態としては、撃破された「ヒトツメ」の一部がそのまま残存していたことが挙げられます。
ガンプラはガンダムベースの射出成形機でリアルのものとなり、ダイバーの一部はそれを使いガンプラバトルを楽しんでいます。

*アルスは、本当に消滅したのか*。
現在は、その答えは出ていません。
「エルドラの月」を持たない以上「ヒトツメ」は生み出せず、生存していたとしても大規模な作戦行動は不可能である、GBNのサーバーが安定している等の理由から、運営側はその追及を避けました。
犠牲は大きいものでした。現実世界との一時的なリンクはダイバーへのフィードバックを極大化させ、撃破されたガンプラの大半は損壊。現実世界ではマスコミの追求が後を絶たず、ケガやガンプラの損傷を理由に引退するダイバーも後を絶ちませんでした。
残ったダイバー達は、「ひとまず」平和なGBNが戻ってきたことに安堵していたのです・・・
【GBNW:EX】56:ユーラヴェンガンダム【BEYOND】 アピールショット3
【ガンプラデータ】
ベース:HGBD:R ユーラヴェンガンダム
使用:HGBD:R ジュピターヴガンダム
HGBD:R ガンダムジャスティスナイト など

今回は製作ストーリー機能のテストも兼ねています。
「ラストミッション」もいよいよ終盤。今回を含めあと3改です。
そして「リライズ」原作キャラを使うのも今回含めあと2改。正直最近の「リライズ」は素晴らしいシナリオで圧倒されっぱなしですが・・・なんとか当初のまま形にはしました。
*この時代にヒロトたちに会えて良かった*(これについては9月予定の「EX」最終回でも話すことになります)。

さてユーラヴェン【BEYOND】。コアガンダムIIはコアスプレーガンが二丁になった以外はそのままです。
これに*ウラヌスアーマー【BEYOND】*と*コアブースター【BEYOND】*をドッキングさせた、本連載における最終決戦仕様。
実質二機分の塗装はとにかく時間がかかり・・・全筆塗りで2週間以上・・・
【GBNW:EX】56:ユーラヴェンガンダム【BEYOND】 アピールショット4
*ウラヌスアーマー【BEYOND】:*
ウラヌスアーマーを最終決戦用にアップグレードした最終決戦仕様。
コアドッキングカスタムの予備パーツを利用したアサルト装甲はビーム攻撃に対する耐性を持つ。
腰後ろのアーマーはジュピターヴのマルチウェポンコンテナに変更。

足首をジュピターヴに変え、コアドッキングカスタム系統のパーツを大放出して増加装甲を形成。
【GBNW:EX】56:ユーラヴェンガンダム【BEYOND】 アピールショット5
後ろから。
コアフライヤーパーツはコアブースター【BEYOND】で使用。
ビームシュートライフルの横装甲はグランドクロスバスターに使用。
【GBNW:EX】56:ユーラヴェンガンダム【BEYOND】 アピールショット6
*ユーラヴェンガンダム【BEYOND】:*
コアブースター【BEYOND】をドッキングさせた、「この連載における」最終決戦仕様。
背中のビヨンドウイングは、最大出力で光の翼を発生させる。

翼は勿論ジャスティスナイトとインジャスティスウェポンズです。
【GBNW:EX】56:ユーラヴェンガンダム【BEYOND】 アピールショット7
後ろから。
いろんな意味で詰め込んだ結果、とにかく扱いが一苦労。やっぱりコアドッキング系統は自分には合わないのかな。
【GBNW:EX】56:ユーラヴェンガンダム【BEYOND】 アピールショット8
*武装:*ビームシュートライフルU7はもとより、コアブースター側のビームキャノンやミサイルランチャー、マニファービット等も使用可能。
背中のコアフライヤーのカメラ部には、GBN管理サイドの助力で設置されたデュートリオンビーム受光部を持つ。これにより、通常では活動限界のあるGBN内のガンプラを理論上無限に活動させることが可能。
【GBNW:EX】56:ユーラヴェンガンダム【BEYOND】 アピールショット9
ウェポンコンテナを腕にかませて。
ジュピターヴのウェポンコンテナはコアガンダムII系統のCDCでは微妙にはまりませんが、紅ウェポン付属のアームで構えられるようにしました。
【GBNW:EX】56:ユーラヴェンガンダム【BEYOND】 アピールショット10
*グランドクロスバスター:*
「エルドラの月」制圧のためにビルドされた大型砲。
コアスプレーガン二丁にビームガトリングをアップグレードし、さらにその上にデバイスを外付けする。

ジュピターヴのビームガトリング、ヴァルキランダーのGNメガフレアーデバイス、ヴィートルーのビームバズーカ後端、メルクワンのハープーンガンなどなど・・・
砲身はシステムウェポンキットです。
【GBNW:EX】56:ユーラヴェンガンダム【BEYOND】 アピールショット11
本体が重いのでスタンド必須。さらにバスターにもスタンドを・・・
【GBNW:EX】56:ユーラヴェンガンダム【BEYOND】 アピールショット12
*コアブースター【BEYOND】:*
バックパックから分離した戦闘機。単独でも戦闘可能な火力を持つ。
その正体は・・・

ユーラヴェン本体とはプラネッツ穴でジョイントされます。
ここまででちら見せしているとは思っていますが一応・・・
【GBNW:EX】56:ユーラヴェンガンダム【BEYOND】 アピールショット13
*コアガンダム【BEYOND】:*
コアブースターの各ユニットをパージして現れたのは、フレディを乗せたもう一つのコアガンダムだった・・・!
*「フレディを帰すガンダム」*のため武装は存在せず、ヒロト側からの遠隔操作、ある程度であればフレディのマニュアル操作も可能。
量子テレポートシステム・*ビヨンドパワーゲート*でエルドラへの扉を開けるか・・・?銀河へ向かって飛べ、ガンダム。
その結末については後日別の改で。

バックパックがプラネッツ軸ジョイントに変わっている以外はコアガンダムIです。コアブースターパーツはすべて「拘束具」扱いです。
塗装は白・青をforビルダーズのRX-78用カラーから。
イヴの願いを叶えるためにネプテイトからさらに進化した機体とも言えそう。
結末をじらすのはプラフスキーパワーゲートが必要だからです。これについては*後日、最後のHGBC編として紹介予定です*。
【GBNW:EX】56:ユーラヴェンガンダム【BEYOND】 アピールショット14
*リミテッドチェンジ:*
コアブースターのパーツはパージ後もリミテッドチェンジで再利用可能である。
ヒロトはその素晴らしい操縦能力で、GBNに勝利を収めたとされている。

規格が一緒なので当然可能となっています。
「ラストミッション」。残すはアルザス達の最終決戦2機(どちらもユニット)のみ・・・8月中旬にはその全貌が明らかになるでしょうか。
そして小説パートの最後は意味深な言葉の数々で締められましたが、*次のシリーズをやるかどうかは実はまだ決めかねています。*
とりあえず今はそんな感じで・・・

【次回予告予定】しかしHGBCはあと2個。K9ドッグパックを挟むかも。
  • サイトの埋め込み
「GBNWeapons:EX」。ヒロトさんとフレディ、こっちの世界での最後の戦い

コメント0件

旧GUNSTAではガンプラビギナーズガイドでお世話になった者です。普段はポケプラの人。ヒーローズのあの人はいったい何AGE2なんだ。アイコンはロンメル隊長。 現在は不定期連載・「GBNWeapons:NEXus」を中心として活動中。基本的に全て筆塗りです。 シリーズ索引は「おすすめ作品」からどうぞ ブログ:https://solphis2.blog.fc2.com/

solphisさんがお薦めする作品0件

  • 【ガンプラビギナーズガイド】EX+:GUNSTA投稿ガイドR…

    • rating_star31
  • 「GBNWeapons」索引

    • rating_star1
  • 「GBNWeapons:NEXus」索引

    • rating_star0
  • rating_star0
  • rating_star29
  • rating_star39
  • rating_star49

関連ガンプラ作品

ビルドダイバーズRe:RISEコンテスト
ビルドダイバーズRe:RISEコンテスト
  • rating_star92