Zガンダム作品投稿コンテスト
MSA-099 カラバ所属機
  • 1408
  • 4

MSA-099 カラバ所属機

 宇宙へ再送できなかったアーガマ隊の1機をカラバにて運用することになったものの現地改修機。
重力圏での運用を考慮し宙航装備をオミットして、1.5世代MSであったリックディアスを完全な第2世代へと対応させるべくビッグマイナーもあわせて行われた。

MSA-099 カラバ所属機 アピールショット1

 対物センサーを強化したクレイバズーカ(改)、MK-2系のハイパーバズーカなど実体弾系の兵装を装備。
背面のビームピストルは完全にオート化され、背面ウェポンラックに固定状態での運用となる。

MSA-099 カラバ所属機 アピールショット2

 腰部の熱核ロケットは大気圏航行用熱核ジェットに換装。

MSA-099 カラバ所属機 アピールショット3

 ボディのムーバブルフレームをMK2系の改良型へと変更、それに伴いコクピットも腹部へ移設。
頭部の対空装備は目立った効果もみられなかったことから廃止され、センサー・レーダー機能が強化された。ここもMK2系の技術が取り入れられ全面改修となった。
各所の装甲はMK2の予備装甲(のコピー)を流用し、一部ワンオフで作製されている。

MSA-099 カラバ所属機 アピールショット4

                   MSA-099 カラバ所属機
------------------------------

MSA-099 カラバ所属機 アピールショット5

 先日ニコイチで作ったもののパーツが大量に余っているので、それらを供養するために使っていきます。
MK2、ヘイズルなどを行き当たりばったりで合わせていってます。

MSA-099 カラバ所属機 アピールショット6

 頭部はモノアイと赤いひさしのみリックディアス、あとはほとんどヘイズルを使用。プラ板とスジボリでディテールアップしつつ、ちょこちょこと細部を変更しています。
頭頂部はエポキシパテで成形。
ちいさいガンダムフェイス(?)がオシャレ。

MSA-099 カラバ所属機 アピールショット7

 膝裏のパイプは会社に落ちてたメッシュの電源コードを使用(笑
市販品よりも質感、太さとか良い感じ。
 大味な脚のスカートはスジ彫りし、エッチングパーツなども使用し密度を上げてあります。脚部スカート内側もディテール入れたけど撮影し忘れた・・・。

MSA-099 カラバ所属機 アピールショット8

 面倒がらずに武装もちゃんとマスキングして塗り分けました。
クレイバズーカはレーザーサイトを追加作成。これらもちょこちょことプラ板でディテールアップ。
トリガーは赤色で統一。
リックディアスってビームライフル系のスマートな武器より、こういうゴツイ系のが似合うよね。
そして未だに手持ち武器としてのビームピストルの有用性が判らない。

MSA-099 カラバ所属機 アピールショット9

 腰のエンジンは全部切り離し、社外品のパーツを切った貼ったしてでっちあげました。
そういえば腰部スカート裏もびっしりディテール入れたのに全然画像から見えないや・・・。

MSA-099 カラバ所属機 アピールショット10

 プレバンの製品だそうですが(例によって自分のじゃないw)、初期HGUCの改修版なんでしょうか。各所のパーツに時代を感じる部分があり、金型も劣化したものをそのまま使っているのか品質的に疑問を感じることも。
人差し指だけが軸で可動する仕組みでしたが、1mmのプラ軸なんて絶対折れる(ってか折った)ので真鍮線に置き換え。これってどうよ?

MSA-099 カラバ所属機 アピールショット11

 今回この機体はアーガマ隊の置いてったリックディアスを地上用に改修。あの人がディジェに乗る前のほんの短い期間に使ってた機体というものです。これを更に発展させてディジェになったという設定。
 腰部フロントアーマーはディアスのものにMK2のディテールをくっつけて修正。サイドアーマーはMK2そのままですが、干渉する部分を切り飛ばしてあります。結果、ボリューム感が無くなりすっきりスマートな印象にできました。
 そしてカラーは後のZプラスのカラーリング。ディジェになった時に緑色になったけど、やっぱり気に入らなくて次のZプラスで復活させた・・・とか。

MSA-099 カラバ所属機 アピールショット12

 肩のジャバラパーツはやめて動力パイプむきだしに。
ここも会社にあった配線材料を切ってそのまま使いました。電線の被覆についてる細かいマーキングがそのままでスゴク良い感じ。

MSA-099 カラバ所属機 アピールショット13

 ゼットコン2作品目。リックディアス、間に合わないと思っていましたが、なんとか完成できました。
やはり締め切りって偉大だ。

 頭とボディを改修した時点で「このままでは間に合わん」と悟り、他の部分はディテールアップのみにとどまりました。
ホントは腕も脚も全部手を入れたかったのですが、これぐらいがちょうど良いのかも。過ぎたるは及ばざるが如し。

 ここまでご覧いただきありがとうございました。ではまた。

MSA-099 カラバ所属機

コメント

  1. 74120’5 3週間前

    スーパーバルキリー ミリア機とかネオファムなんかの雰囲気も漂うカラーとアレンジですね。

  2. meg-ocero 3週間前

    とてつもない派手さはないものの、細かく良い意味でシンプルなディテールやスジボリ(私的には脇下とフレア周り)がリアルとプラモデルの良いとこ取りという感じが出ており素晴らしいです🤣
    猫を片手にガンプラを眺めながらの酒!最高ですね😁

    • TAK_Ohyama 3週間前

      お褒めいただきありがとうございます!
      前作が派手派手モリモリだったので、一転シンプルに、通好みっぽく仕上げてみました。パネル分割やコーションデカールは毎回妄想をふくらませて、整備する側からの視点で入れてます。なのでご指摘、すごく嬉しいです!

TAK_Ohyamaさんがお薦めする作品

Gアーマー/改修型超重爆仕様

  • 988
  • 制作記などをHPにあげておりますのでお暇潰しにどうぞ。
    rating_star54
  • 4

ネモディフェンサーEWAC型2…

  • 1356
  • 制作記などをHPにあげておりますのでお暇潰しにどうぞ。
    rating_star72
  • 4

MS-18E KÄMPFER

  • 3564
  • 制作記などをHPにあげておりますのでお暇潰しにどうぞ。
    rating_star123
  • 10
Zガンダム作品投稿コンテスト
16
RMS-154(JM-SPL)バーザム

RMS-154(JM-SPL)…

若い金髪のティターンズ士官が整備兵と一機のカスタムMSを見上…

17
MS-18E KÄMPFER

MS-18E KÄMPFER

MS-18Eケンプファー。ユニット工法を取り入れて簡易な設備…

16
TYPE-100

TYPE-100

百式をちょっとだけオリジナル設定を入れて制作してみました。同…

12
MS of GOLD

MS of GOLD

先日V社より発売されたモデル用に、推奨カラーの発色、溶剤との…