GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

アッグ

アッグ

大学生の頃に、ヨド○シカメラで220円で購入した1/144旧キットを改造したものです。
どちらかといえばネタ機体と言うべきキットですが、こういった安いキット、ネタ機体を、いかにガチで作り込むかというのは、自分の模型製作のひとつの楽しみ方だったりします(笑)。
毎度古臭いキットで恐縮ですが、是非ご覧になって下さい。

装備なしの状態です。
両腕はポリキャップ接続に加工してあるので、取り外して別の武器などを装備させることもできます。
モノアイはくり抜いたあと、裏から適当な大きさにカットしたゼリーのカップを貼り付け、さらにその裏にHアイズを付けました。

ホバー機構です。
昔買った雑誌に掲載してあった設定イラストを参考に、プラ板とジャンクパーツを使い、でっち上げました(笑)。
もう少し加工した部分の処理を丁寧にするべきでした…。

頭部ミサイルランチャーです。
箱型に組んだプラ板に、ランナーを削って作ったミサイルを4本入れました。
そのままだとシンプル過ぎて味気なかったので、照準器らしきモノを作ってランチャー上部に取り付けたり、プラ板でディテールを追加してあります。

ミサイルランチャーのリアビューです。
後ろ側はイラスト等がなかったので、ミサイルの噴射口(?)らしきモノを勝手にイメージして作ってみました。
ちなみにアッグ本体への取り付けは、アッグの頭のフタを外して、そこに開いている穴に、画像下側に見える黒い棒を差し込むだけというお手軽仕様です(笑)。

頭部ミサイルランチャー装備です。
実はただ乗せているだけなので、ちょっとしたことですぐに落ちてしまうという欠陥兵器です(爆)。
それと余談ですが、クチバシ(レーザートーチ)の接続角度も変更してあります。これで若干ですが、アゴを引いたような引き締まった顔付きになります(笑)。
まぁ顔付きも何も、本体ほぼほぼ顔みたいなモンですが(笑)…。

フル装備状態です。
左腕のミサイルランチャーは、旧キットのハイゴッグのミサイルカバーを加工して作りました。

最後までご覧になっていただき、ありがとうございました。
ちなみにこのアッグ、多少のディテールアップはしましたが、基本的に本体は無改造に近いです。
それでもプロポーションなどは今の目で見ても十分通用する、隠れた名キットだと自分は思います。
今後、HGやMGなどでリニューアルされる可能性もあまり無いと思いますので、興味が湧いた方は是非!ご自身の手で作ってみることをお勧めします。
最後になりますが、作品をご覧になっての感想などいただけますと、幸いです。

旧1/144のアッグです。ネタ機体も工夫すれば化ける!かも…。

コメント2件

  1. Zoo 2週間前
  2. 蒼き鷹 2週間前