ADF/FX-07A Tiffon

  • 7992
  • 6

どうもれおぱるとです。

今回はMGオーライザーをベースに、単純な戦闘機を制作してみました。コンセプトは、MSすら圧倒する完全自立型の無人戦闘機です。

試作機をイメージしたカラーリングで、軽くウェザリングを行い、つや消しを吹いてあります。

なお、戦闘機ゲーム”エースコンバット”の影響もあり、脳内設定が似たり寄ったりな部分があります。ご了承ください。

今回作ったのは完全自立型の無人戦闘機です。そのためコックピット/キャノピーがありません。この機体はあのヴァルキリーのパイロットの戦闘スタイルや、動きをデータ化したものを、自立型AIと、自己学習システム、と統合して装備しています。無人機であるがためにあのパイロットですらできなかったマニューバ(瞬時180度旋回や、コンマ数秒で行うクルビット、ずば抜けた瞬時の加減速)を平気で行うことができ、人間離れした戦闘をみせます。長いですが脳内の開発経緯を紹介します。宇宙軍との戦争を10数年に渡り繰り広げる地球軍。高度な技術があっても宇宙軍による通商破壊で、火星などからの輸入が途絶え、物資不足が長年続いていた。その上戦闘員が少なく、熟練パイロットも戦争初期の頃に多く失ってしまった。そのため地球軍にとって兵器の低コスト化と人員確保は死活問題だった。そこで、まぁまぁな性能の兵器を大量生産するのではなく、圧倒的な戦闘力を持つ兵器を少数作ることで物資不足を補おうとしたのだ。それによって生み出された代表的な兵器が

今回作ったのは完全自立型の無人戦闘機です。そのためコックピット/キャノピーがありません。

この機体はあのヴァルキリーのパイロットの戦闘スタイルや、動きをデータ化したものを、自立型AIと、自己学習システム、と統合して装備しています。無人機であるがためにあのパイロットですらできなかったマニューバ(瞬時180度旋回や、コンマ数秒で行うクルビット、ずば抜けた瞬時の加減速)を平気で行うことができ、人間離れした戦闘をみせます。

長いですが脳内の開発経緯を紹介します。

宇宙軍との戦争を10数年に渡り繰り広げる地球軍。高度な技術があっても宇宙軍による通商破壊で、火星などからの輸入が途絶え、物資不足が長年続いていた。その上戦闘員が少なく、熟練パイロットも戦争初期の頃に多く失ってしまった。そのため地球軍にとって兵器の低コスト化と人員確保は死活問題だった。そこで、まぁまぁな性能の兵器を大量生産するのではなく、圧倒的な戦闘力を持つ兵器を少数作ることで物資不足を補おうとしたのだ。それによって生み出された代表的な兵器が"ADF/XX"シリーズである。しかしいくら高度な技術を持っていても人を大量に生み出すことは不可能だったため、無人機開発も死活問題だったのだ。そのため地球軍は"戦闘情報収集/補正システム"を開発し、多数の機体に装備させ、敵の戦闘の仕方や、味方の熟練パイロットのスキルを観測してデータ化。それを全ての"戦闘情報収集ユニット搭載機"全てに共有することで未熟/熟練パイロットの戦闘補正/補助に役立てていた。

そしてこれは、無人機開発の一端でもあった。それらのデータを自立型AIを持つ無人機に装備させることができれば、人員を減らさずにエースパイロット並の戦闘力を持つ兵器を量産できる。

最初は戦闘機ではなく小型MSにする予定だったが、MSでは整備性が悪く、コストが戦闘機よりも高いという理由から、無人戦闘機の開発が本格的にスタートした。その中でできた7番目の試作機体こそ、この"ADF/FX-07A Tiffon"である。

小型無人支援戦闘機戦闘機であるため、普通の装備や武装ではMSには歯が立たない。そこでファンネルの装備は決定していた。最終的に

小型無人支援戦闘機

戦闘機であるため、普通の装備や武装ではMSには歯が立たない。そこでファンネルの装備は決定していた。最終的に"ADF/AGE-02MGSV"に装備されていたシグマシスファンネルをベースに作られた。これはクローとビーム砲を両立できたファンネルで、稼働時間が比較的長く、横方向に飛行することも可能なファンネルだったため採用された。このビーム砲は、基本的にはビームと言うより、レーザー砲のようであり長射程のビームを10数秒間形成したままにできる。そのビームで敵の攻撃を妨害したり、ミサイルを撃ち落とすなど母機の支援をする。クローで敵を拘束することも可能で、ビームを形成していない時はビームバルカンとして使用できる。

正面にしかビームを形成できないが、4方向にあるスラスターにより、移動しながらビームを的に照射し続けることが可能になっている。

アークライト203mm長距離レールガンMSの全長に達するほどの大きさを持つレールガン。大型レールガンの搭載も元から決まっていた。しかし思うような威力を出すためには莫大な電力を多数のコンデンサから一気に放電するしか無かった。そのため

アークライト203mm長距離レールガン

MSの全長に達するほどの大きさを持つレールガン。大型レールガンの搭載も元から決まっていた。しかし思うような威力を出すためには莫大な電力を多数のコンデンサから一気に放電するしか無かった。そのため"Tiffon"は一般的なMSのおよそ2倍の全長に達してしまった。しかしその分威力は凄まじく、MSのシールドの装甲どころか、MAの装甲すら貫く威力を持つ。また、一時的に普段以上の電力を供給することで、速射能力や、破壊力、射程が向上する。最大5連射が可能。

対MS用空中炸裂誘導ミサイルパイロンの下に装備されたミサイル。1番小さいものが最も誘導性能が高いが射程が短い。1番大きのが最も射程が長いが、誘導性能は並程度。中の大きさのものはそれぞれのバランスが取れているミサイルである。ただの誘導ミサイルでは回避される可能性が高いので、ある程度接近したところで大爆発することで、爆風や、破片による損傷を与えることが出来る。大出力ビーム砲インテーク同士の間に設置されたビーム砲。大出力のビームを数秒間発射できる。威力は並だが射程が長い。ビームの様子が思い浮かべづらいなら、ハシュマルのビーム砲を想像してくれればいい。あれに似たようなものが装備されている。対ヴァルキリー戦もうしばらく私の変な想像世界にお付き合い下さい...()宇宙での戦いが繰り広げられている際、この機体がデータが宇宙軍のスパイにより1部流出し、しかもそれは制御データと、1部設計データだった。基本常に完全自立型ではあるが、もしもの時のために半自立型に変更できるようにされていた。そのデータが取られてしまったのだ。その結果、突然戦闘中に味方(地球軍)を攻撃しだし、あっという間に壊滅してしまった。しかし特殊な装置がないと着艦できず、それがない宇宙軍側は半永久的に動けるほどの機関を持っていることも知っていたので空中警戒待機させていた。無人であるために24時間休まず常に警戒態勢にしていたのだ。そしてこの機体を落とせるのはあの女神の部隊しかいない、ということで彼女らヴァルキリーを含む5機編隊が出撃したのだ。

対MS用空中炸裂誘導ミサイル

パイロンの下に装備されたミサイル。1番小さいものが最も誘導性能が高いが射程が短い。1番大きのが最も射程が長いが、誘導性能は並程度。中の大きさのものはそれぞれのバランスが取れているミサイルである。ただの誘導ミサイルでは回避される可能性が高いので、ある程度接近したところで大爆発することで、爆風や、破片による損傷を与えることが出来る。

大出力ビーム砲

インテーク同士の間に設置されたビーム砲。大出力のビームを数秒間発射できる。威力は並だが射程が長い。ビームの様子が思い浮かべづらいなら、ハシュマルのビーム砲を想像してくれればいい。あれに似たようなものが装備されている。

対ヴァルキリー戦

もうしばらく私の変な想像世界にお付き合い下さい...()

宇宙での戦いが繰り広げられている際、この機体がデータが宇宙軍のスパイにより1部流出し、しかもそれは制御データと、1部設計データだった。基本常に完全自立型ではあるが、もしもの時のために半自立型に変更できるようにされていた。そのデータが取られてしまったのだ。その結果、突然戦闘中に味方(地球軍)を攻撃しだし、あっという間に壊滅してしまった。

しかし特殊な装置がないと着艦できず、それがない宇宙軍側は半永久的に動けるほどの機関を持っていることも知っていたので空中警戒待機させていた。

無人であるために24時間休まず常に警戒態勢にしていたのだ。

そしてこの機体を落とせるのはあの女神の部隊しかいない、ということで彼女らヴァルキリーを含む5機編隊が出撃したのだ。

凄腕のエースパイロットと、強力な機体で編成された戦女神の部隊が、何日も空中警戒待機していた

凄腕のエースパイロットと、強力な機体で編成された戦女神の部隊が、何日も空中警戒待機していた"Tiffon"と交戦を開始した。エンゲージからまもなく、1発のレールガンの砲弾により1機が撃墜された。ヴァルキリー自身もビームマグナムやファンネルを駆使して交戦するが、無人機であるがための遥かに人間離れしたマニューバと、小型無人機のせいで"Tiffon"へ攻撃が当たらない。

無人機はほかの3機よりも、ヴァルキリーへの脅威度が高いことを察したかのように、全ての小型無人機がヴァルキリーへ襲いかかる。僚機もヴァルキリーを支援しようとするが、

無人機はほかの3機よりも、ヴァルキリーへの脅威度が高いことを察したかのように、全ての小型無人機がヴァルキリーへ襲いかかる。僚機もヴァルキリーを支援しようとするが、"Tiffon"はその僚機を潰しにかかった。しかし、僚機はヴァルキリーを狙う小型無人機をその最中に2機撃ち落とした。

ヴァルキリーもまた僚機の支援を試みるが、小型無人機による妨害で助けに行けず、わずか4分で全ての僚機が"Tiffon"の餌食となってしまった。

ヴァルキリーのパイロットはリミッターを外し、最大限の性能で

ヴァルキリーのパイロットはリミッターを外し、最大限の性能で"Tiffon"と交戦し続けた。しかし、レールガンの砲弾によって左腕部を吹き飛ばされた。まるでそこしか狙っていなかったかのようなピンポイントへの攻撃。これまでヴァルキリーは1度も被弾しなかったが、その記録がこの瞬間で終わった。

ヴァルキリーのファンネルも砲撃への防衛に間に合わなかった。弾が速すぎるのだ、相当近くにいないと守れない。

またも防衛が間に合わず、今度はバインダーに直撃。シールドとしての役割を持つバインダーだったが、そのシールドそのものを貫いた(クリアの棒状のものが弾跡)。

またも防衛が間に合わず、今度はバインダーに直撃。シールドとしての役割を持つバインダーだったが、そのシールドそのものを貫いた(クリアの棒状のものが弾跡)。"Tiffon"はそこを壊せばバランスを崩すことを知っていたのだ。なぜなら、"TiffonのAIのほとんどのデータがパイロットである彼女の神経データのものだったからだ"。ヴァルキリーに乗っていた頃のデータも入っている。だからこそ、"Tiffon"は相手がどう来るか、どんな動きができるか、どうしたら有利になるかをはっきりとわかっていたのだ。

"Tiffon"をライフルで狙うもバインダーがやられたことでバランスを崩してしまったところを片足を小型無人機が破壊した。幸いレールガンは外れ、ファンネルが小型無人機をひとつ破壊したが、この状況は彼女にとって絶望的だった。

かろうじてレールガンを回避し、最後の小型無人機をヴァルキュリアソードライフルで撃墜。ここで幸運なことに、無人戦闘機はレールガンを撃って来なくなった。彼女は察した。1週間ほど前の戦闘から補給が得られないため補給無しでずっと飛んでいた。だからこのタイミングでレールガンは弾切れを起こしたのだ。

かろうじてレールガンを回避し、最後の小型無人機をヴァルキュリアソードライフルで撃墜。ここで幸運なことに、無人戦闘機はレールガンを撃って来なくなった。彼女は察した。1週間ほど前の戦闘から補給が得られないため補給無しでずっと飛んでいた。だからこのタイミングでレールガンは弾切れを起こしたのだ。

この長い戦いによってヴァルキリーが持つ全てのコンデンサが充填されていた。そこで彼女は

この長い戦いによってヴァルキリーが持つ全てのコンデンサが充填されていた。そこで彼女は"一か八か、2発のレールガンを使う"と考えた。ヴァルキリーの持つ対艦用大型レールガンは対艦用であるがために、高初速だった。つまり比較的当てやすい。これによって"Tiffon"のバランスを崩したあと、ヴァルキュリアビットを装着したヴァルキュリアソードライフルで機体ごと吹き飛ばすことを試みようとした。"Tiffon"はミサイルを当てようと急速接近してきた。

それを狙い彼女はレールガンを撃った。

結果は成功した。左部インテークから機体を貫通し、その衝撃波で中のコンデンサが放電し相次いで誘爆し始めた。さらに彼女はヴァルキュリアソードライフルからビーム砲を放った。少し外れたが、機体の右半分が吹き飛び、ミサイルやエンジンが次々に爆発、放電し始め、それから数秒後、爆散した。 "猛威を奮った猛獣はこの瞬間に女神によって撃ち落とされたのだ"。

そして半壊したADF/AGE-02V ヴァルキリーは、味方に回収され、ADF/AGE-02V2 スターヴァルキリーへと強化改修された。

遅くなったけど制作工程

厨二病になった気分です。なんでこんな変なストーリー作ってるんだろうと自分ながら思ってます。まぁそれはさておき制作工程です。

まず主翼。これと、カナード翼はフルスクラッチです。ネームペンで下書きして、それをカット、筋彫り、ヤスリがけして、イイ感じにしました。

まず主翼。これと、カナード翼はフルスクラッチです。ネームペンで下書きして、それをカット、筋彫り、ヤスリがけして、イイ感じにしました。

ある程度完成してきた時の写真。この時はまだ有人機にするつもりでした。それから、3次元推力偏向ノズルを再現したかったので、あえてノズルの周りは隙間を空けてあります。

ある程度完成してきた時の写真。この時はまだ有人機にするつもりでした。

それから、3次元推力偏向ノズルを再現したかったので、あえてノズルの周りは隙間を空けてあります。

最後に大きさ比較。右がEG νガンダム。左はヴァルキリーです。同じスケールとは思えないサイズですね。完成してからクソでかいことに気づきました。さて、いかがでしたでしょうか??今回は完全に自分の世界に入ったページを作ってしまいました...wでも、こうやって自分なりの世界観を作って、それに沿って機体を作っていくのも面白いと思います。みなさんもやってみてはいかがでしょう?wというわけで、今回はこれで絞めようと思います。少しの間ガンプラはお休みする予定です。ではまたほかの作品でお会いしましょう^^

最後に大きさ比較。右がEG νガンダム。左はヴァルキリーです。

同じスケールとは思えないサイズですね。完成してからクソでかいことに気づきました。

さて、いかがでしたでしょうか??

今回は完全に自分の世界に入ったページを作ってしまいました...w

でも、こうやって自分なりの世界観を作って、それに沿って機体を作っていくのも面白いと思います。みなさんもやってみてはいかがでしょう?w

というわけで、今回はこれで絞めようと思います。少しの間ガンプラはお休みする予定です。

ではまたほかの作品でお会いしましょう^^

...あの機体は、絶対に落とさなければなりません...!

コメント

  1. So Cool! I like this beautiful fighter! Just like comes from ACE COMBAT!(gandam-hand2)

  2. Aice 2年前

    この機体の開発者はきっと白ジャケットで目が移ろってしまう事を禁じえないインテリ眼鏡な人ですね

    • もしかしたらそうかもしれませんね。
      そしてこの先で登場する無人機の中には、天界の王のようなパイロットのデータを積んだ機体も出てくるかもしれません

  3. 紫雨 2年前

    いい感じに流線型のスタイルにまとまっててかっこいいです。
    自作の主翼、カナード翼もRavenみたいでいいですね👍

れおぱると0301さんがお薦めする作品

ADF/AGE-02V:Re ヴァルキリーリビルド

長き戦争を終わらせる戦女神 ADF/AGE-02V2 ガン…

ADF/FX-07A Tiffon

17
ADF/XX-19F(M) フギン/ムニン

ADF/XX-19F(M) フギン/ムニン

どうもれおぱるとです。   何度か制作ストーリーを上げていま…

17
ADF/AGE-02V:Re ヴァルキリーリビルド

ADF/AGE-02V:Re ヴァルキリーリビルド

  どうもれおぱるとです。   更新が遅れてしまい大変申し訳…

17
ASW-G-08 ガンダムバルバトスルプスレクス

ASW-G-08 ガンダムバルバトスルプスレクス

どうもれおぱるとです。 今回はMGバルバトスと、FMルプスレ…

17
ガンダムエアリアル[VS.グラスレー]

ガンダムエアリアル[VS.グラスレー]

どうもれおぱるとです。 今回は電飾込みのエアリアルのジオラマ…