ガンダムTR-1 ハイゼンスレイ
  • 836
  • 0

ガンダムTR-1 ハイゼンスレイ

 ガンダムTR-1最終形態、ハイゼンスレイです。

 最終形態の名にふさわしい威厳ある姿に拝むばかりです。股関節の可動範囲拡大の恩恵でポージングも決まるほか、歴代TR-1の為に用意したオプションとともに遊び応えがある良いキットです!

ガンダムTR-1 ハイゼンスレイ アピールショット1

 後頭部、肩アーマー、脚部補助スラスターなどの合わせ目は段落ち処理、ブースターポッドと手首部分の合わせ目は接着して消しています。

 基本はヘイズル改と同じ工作が多いですが、今回は肩アーマーの独立化と肩関節の段落ち処理が無くて助かりました。握り拳は以前ジャンクショップで買ったHG MP-1Eのものを使用。

ガンダムTR-1 ハイゼンスレイ アピールショット2

 ハイゼンスレイの象徴的な装備、コンポジット・シールド・ブースター。デカイ、デカすぎる!見た目に反して意外と軽かったです。システムウェポン003や005に付属するシールドグリップを流用し、手持ちで使えるようにしました。

ガンダムTR-1 ハイゼンスレイ アピールショット3

 HGBCガンプラバトルアームアームズのグリップを使えば刃の部分だけを剣として使えます。

ガンダムTR-1 ハイゼンスレイ アピールショット4

 ここから今までに作った各種オプションとともに。
 フルドドⅡ拡張セット+シールド・ブースター4機使用の「ハイゼンスレイ・ラーⅡ(クアドラ・ブースター)」。サブアームに装備した2機は姿勢制御用、他の2機は直線方向での加速用と使い分けられる。しかし、4機のブースターによる推進力は並のパイロットが扱える代物ではなく、4機それぞれの制御に忙殺される恐れから本プランは却下された。

 プリムローズ(実戦配備カラー)のページで紹介したジョイントを使っています。

ガンダムTR-1 ハイゼンスレイ アピールショット5

 フルドド1機と合体した「ハイゼンスレイ・ラー第1形態」。既存のヘイズル・ラーで懸念されたバランスの偏重はそのまま継承されている。

ガンダムTR-1 ハイゼンスレイ アピールショット6

 フルドド2機と合体した「ハイゼンスレイ・ラー第2形態」。MA的な運用コンセプトは変わらない。

ガンダムTR-1 ハイゼンスレイ アピールショット7

 「トライ・ブースター・ユニット装備」。ヘイズル2号機ではトライ・ブースター・ユニットの重量に振り回されることがあったが、ハイゼンスレイではその出力に見合ったバランスがとれており、理想的な運用プランの一つであったとされる。

ガンダムTR-1 ハイゼンスレイ アピールショット8

 フルドド、フルドドⅡと合体した「ハイゼンスレイ・ラーⅡ混成装備」。ラーⅡ第2形態から派生した形態であり、重心バランスがとれた形態である。

ガンダムTR-1 ハイゼンスレイ アピールショット9

 顔が奥まっている印象を受けたので、ヒサシの裏側の干渉部分を削り、プラ板を貼って顔を1㎜前に出しました。

ガンダムTR-1 ハイゼンスレイ アピールショット10

 脇パーツで使わない穴はプラ材を使って埋めました。整形後、脇のすぐ下に0.75mmプラ板を貼り、肩の軸が下がらないようにしました。

ガンダムTR-1 ハイゼンスレイ アピールショット11

 肩後ろのメガ粒子砲は前方に向けられなかったので、ガンプラバトルアームアームズのパーツで中継し、前に向けられるようにしています。

ガンダムTR-1 ハイゼンスレイ アピールショット12

 途中、肩に増加装甲を装備した写真がちょこちょこ出てきました。これは余剰になるプリムローズのチャフランチャーです。余剰パーツを何とか活かしたいと思っていて、試しに両面テープで肩アーマーにつけてみたところ、胴体に近い面は形状がジャストフィットしました。外側の面につけてもカッコよかったので、両方に磁石を固定。チャフランチャー側も裏をプラ板で埋めて磁石を入れました。内外両方につけられるように、磁石の極は気を付けました。

 ちなみに2個あるのはヘイズル2号機でチョバムアーマー目当てで買ってたFGプリムローズのものです。

ガンダムTR-1 ハイゼンスレイ アピールショット13

 また、プリムローズのオプションバインダーは余るので、ウインチキャノンの接続部を左側に移植し、ヘイズル・アウスラでウインチキャノン2機装備が出来るようにしました。

ガンダムTR-1 ハイゼンスレイ アピールショット14

 バインダーの加工のお陰でウインチキャノンを左側にも装着可能です。

ガンダムTR-1 ハイゼンスレイ アピールショット15

 塗装はガンダムマーカー中心です。今回は白い成型色のもので加工した部分(脇とかチャフランチャーとか)は白サーフェイサーを用いました。

赤=ガンダムレッド
黄=同イエロー
黒=同ブラック
グレー1=同グレー
グレー2=同メカグレー
白1=同ホワイト
白2=Mr.フィニッシングサーフェイサー1000 ホワイト
緑1=同アイグリーン
緑2=同メタグリーン

 ハイゼンスレイ・ラーⅡ第2形態も予約したので、このハイゼンスレイで試したことも盛り込んで作ろうと思います!

ガンダムTR-1最終形態、出る────────

コメント

アデスの木の枝さんがお薦めする作品

ガンダムTR-1 ヘイズル改 …

ガンダムTR-1 アドバンスド…

ガンダムTR-1 ヘイズル2号…

10
ザクⅡ F2型(ジオン仕様)

ザクⅡ F2型(ジオン仕様)

 2月から3月にかけてYouTubeのガンダムチャンネルにて…

13
今こそ振り返る、システムウェポン

今こそ振り返る、システムウェポ…

 旧キットでは1stやZ、Vガンダムなどで武器セットが発売さ…

7
ガンダムTR-1 オプション装備一覧

ガンダムTR-1 オプション装…

 今までに散発的に載せてきたガンダムTR-1用のオプション装…

16
ガンダムMk-Ⅲ

ガンダムMk-Ⅲ

 プレバンで発売されたガンダムMk-Ⅲ。「ビルドダイバーズR…