GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

【GBNW】52:あとがきにかえて

【GBNW】52:あとがきにかえて

「GBNWeapons」ひとまず完結。ガンダムRe:スペクター完全版や筆者からのメッセージなど。
【第52改「また、GBNで」】

第52改「また、GBNで」

また、GBNで。そう言って、今日もあたし達は帰っていく。

あたし、アルザス・リースリング。ぼっちフォース(自慢みたいな言い方)「アルケミスト」のリーダーよ。
先日は「ネオ・ブレイクデカール」を使った違法ダイバーの掃討任務に当たっていて・・・出てきたのよね、あのバックパックお化け。
正式名称は「ガンダムRe:スペクター」って言うんだけれど・・・趣味、悪いわ。あれ。
今回は奪ったのか作ったのか、本来の身体・・・じゃなかった、えっと、なんて言って良いのか解らないんだけど・・・ま、とにかくボディはある、あたしに乗り移ることはたぶんない。
オーガさんが快くバックパックを貸して・・・あ、本人のリアル所用で出られないんだった。

・・・勝って、やったわよ。一応あたし、GBNβテスターの一人よ?
その後はダイバー同士で集まって飲み会。修正パッチ、出来つつあるって。
現実世界でも、「ネオ・ブレイクデカール」を開発した業者が摘発されたって言う話だから・・・そのうち、落ち着くでしょ。めでたしめでたしね。
さ、現実世界に帰って・・・明日も頑張りましょ。

・・・これからも、そんな世界。続いていったらいいなって思ってる。
GBNは、誰もが主役・・・ダイバーになれる場所だもの、ね?

・・・と言うことで。今回が毎週水曜連載の「GBNW」最終回となります
定例外更新もいくつか行ったので約10ヶ月、毎週更新は正直苦労の連続でしたが・・・皆様にもいろいろと助けられました、ありがとうございました。

まずは最終回用のガンプラ・・・ガンダムRe:スペクター(プランA)の紹介から。
「本体」であるバックパックの解説は第44改を参照。現代版リジェネレイトガンダムとして、AGP2穴に寄生する機体です。 SEEDコンの頃から本体についても製作していたのですが・・・更新タイミングおよびコンテストの都合上本体の塗装が間に合わず(バックパックはイージスほぼそのままなので2体分の塗装なのです)、最終回と参加賞受け取り記念として(下記)今回完成版の登場と相成りました。

ガンダムRe:スペクター(プランA):GBN-ガードフレーム、フリーダムガンダムなどを基礎にしたボディを得たRe:スペクター。
バックパック部分に合わせた(ブレイクデカールの効果で配色を変更したと考えられる)青いVPS装甲に塗り替えられ、変幻自在の攻撃を仕掛ける。
なお、武装面は追加されていない。

ボディ部分は頭部や胸部、脚部裏スラスターなどをドレッドノートガンダム、胸部可動域をGBN-ベースガンダム、手足をHGCEフリーダムガンダムから。
SEEDコンでガンダムが多かった理由は諸説ありますが・・・やっぱり「最新のよく動くガンプラがガンダム系しかないから」と言うことに尽きるのではないのでしょうか。本作もきっとそうです。
武装は追加も考えましたが考えきれませんでした。

配色が統一されてラスボス感は出たでしょうか。

勿論、本体が破壊されてもバックパックが生きていれば再度寄生したり単独で戦闘したりもできます(武装などの解説は第44改で)。
ただし、MS一機分の質量を背負っているため安定性は劣悪です。スタンドがなければ(もしくはバックパック側の両足を地面に付ける)まともに立ちません。

GNネイキッド(鬼魂):ガンダムGPー羅刹(第23改参照)のバックパックユニットを装備したGNネイキッド。 クローアームや拡散ビーム砲を使用可能、GNドライヴも増設されより攻撃的な仕様となる。

最終回なのでやりたかった羅刹とのコンビネーション。オーガさんがバックパックお化けなどにやられるはずはないので「リアル所用で不在」ということにしました。
バックパックはボールデン接続だったので今までの連載を考えれば楽勝の部類。ボールデンボールに2軸1穴変換ジョイントで背負わせます。
ヴィンテージ用GNビームライフルを持たせて。

GNヴィンテージでも同様に可能です。
ガンダムモードだと右肩が重量過多になります。

あとがきにかえて

ここからは筆者からのメッセージ欄となります。
それはそうと、こちらはポケモンセンターで販売されている「ゆびにんぎょうコレクション」のポケモンセンター。凄くストラクチャーっぽく使えますね。

何度か話したかとは思いますが改めて本連載の成立まで。
旧GUNSTAにおける「ガンプラビギナーズガイド」は、当時の読者からかなり好評を博していましたが・・・旧GUNSTA閉鎖時に内容も全て消えてしまい悔しい思いをしたのと同時に、復活させるにさせられないものとなっていたのもまた事実。
「Re:」として何度か書いて、のちに「特別編」として展開もしましたが・・・現在(新生GUNSTAになってから)のGUNSTAユーザーにとってはもっと実践的な内容が求められていたような気もあり(実は今はもっとある気がする)。
「ビギナーズガイド」がちゃんと続いていたらやる予定であった「HGBCガイド」を、新たに連載として展開することとなったのです。

同時に(「ビギナーズガイド」もそうでしたが)、筆者個人が未来のガンプラビルダーに託すための連載でもありました。
筆者には大規模なガンプラを作るだけの能力・余力は既に無く(べつにポケプラ関係が理由というわけでもなく上記Re:スペボディ部分も4日かかって筆塗り)、殿堂入りにはほど遠い状況。
どうせなら、これからの未来を担うガンプラビルダー達に、簡単なカスタマイズ方法である「HGBC」を「紹介」という形で記事に出来れば・・・と考えたのです。

かなりパースはつけていますがこんな感じでも。

ダイバー名・・・アルザス・リースリングは勤務しているお店で売っていたワインの名から取りました(数個隣に「シャブリ」というのもある)。
酒好きなのはBSで放送されている「酒場放浪記」のイメージです。
なお、筆者は毎日のようにお酒を品出ししていますが飲めません。
パーソナルカラーは白ワインの色・・・ライトグリーン。GBNの裏方フォースという設定なのでそれらしい色に仕立ててみました。

定例外更新を除き、毎週水曜の午前中に更新とした(ガンプラ作成、写真撮影などの手間上そうなっていった部分も大きい)のはその日が一番書きやすいから。
また、Webでの「連載」という体裁・・・昔の電撃ホビーマガジンなどにあった公式外伝のイメージでした。
第50改で触れた「AOZ」もまさにそれで。
あの頃毎月のようにあったわくわく感を「再現」してみたいと思ったのです。

GBN成立から最終的には「未来」の物語までを書くこととなった・・・HGBCをランダムに紹介していた理由は、ブログで書いているポケモン関連記事付帯小説パート・「ポケプラジャーニー」のストーリーに連続性を持たせた結果、3年かかってようやく複線回収などの「自分にしか解らない」展開になっていることもあったりして・・・
メインとなるHGBCは番号順に、番外編となったIBA編は「ビルドダイバーズ」本編終了後の時間軸にして、いつどのHGBCが手に入っても良いような(自分も、みんなも!)体制を整えました。
本連載・HGBC編を改めて「ビルドブースターから」読み直してみると新たな発見があるかもしれません(どこかで矛盾点なども出ているかも、ごめんなさい)。 ※こちらについては今日中に「GBNW索引」を別に建てます

もちろん、一人では使い切れない量をレビューしたことは事実です。
最終回までに紹介したのはHGBC28個(一部重複もあるので全47個中31個)、HGIBA9個中8個。
※HGBCのうちスタンドであるGPベースとダイバーギアは紹介しないと決めていました。なので実質47個中33個

できる限り、使用したものは秋葉原工作室にジャンクパーツ扱いで寄付することとしました(2回送っています)。
そう考えると出費および入手難易度も膨大になるので、自分の持ちうるネットワークをフル活用し、半額だったりポイントだったり地方の模型店だったり・・・と、去年年末あたりまではとにかく探し続けていました。
なんとか皆様の役には立てたのかな・・・と。

・・・そしてこれから。

まず、「GBNW」は不定期連載になります
終盤、祭ウェポンが見つかったりもして実は2個積んだままです
また、7月にはアルザス大好き「AOZ」からプリムローズが出たりもしますし、ビルドシリーズそのものにも新作企画が進行中。
新作が出たら・・・当然HGBCもあるでしょうと思います。
現状の連載ペースでは当然ながら(入手困難HGBC・IBAが全部手に入ったとしても)あと3ヶ月ほどで全てのレビューを完了してしまう計算となり、現在の状態ではガンプラを作って引き延ばすことも出来ないので・・・ここでいったん幕を引くこととしました。

不定期連載タイトルは「GBNWeapons:EX」
不定期連載になっても内容はそんなに変わりません。おおよそ今まで通りにアルザスが武装をテストしていくのだと思います。
まずは7月のプリムローズから。しばらく間は開きますがお待ちください。

GUNSTAガム:GUNSTAコンテスト優勝者および参加賞に当選したビルダーのみがもらうことのできるGUNSTAオリジナルグッズ。
ちなみにオリジナルのガムはまいガム工房で作ることが出来るぞ。

また、過去作と完成度70%でコンテスト参加賞のRGジャスティスガンダムをもらってしまったこともあり(でもGUNSTAガムは手に入らないと思っていたので嬉しい)・・・
そちらについては(最近はヘルプセンターにも出張している)ロンメル隊長の出番。「ガンプラビギナーズガイドRe:」RG製作ガイドを思う存分やって頂きましょう(8月あたりまでにできれば)。 勿論素組みではもったいない頂き物なので何かしら塗装するつもりではありますが。

・・・あと、どこかで今度こそ今度こそ「ビギナーズガイドRe:」、「作ろう!旧キット」をやりたい気持ちはあります(既に初回はアップ済み、2回目以降を投稿予定)。流石に同時連載はきつかった。
写真は「ガシャプラ モビルスーツ01」のジャイアント・ヒート・ホーク。本来の2分の1位のサイズ。

と、言うことで。「GBNW」、いったんお開きです。
また夏に会いましょう。アルザスは酒でも飲みながらGBNで待っています。

「GBNWeapons」、Re:スペクター完成とあとがきです。また飲みに行きましょう

コメント0件

solphisさんがお薦めする作品0件

  • 【ガンプラビギナーズガイド】EX:GUNSTA投稿ガイドRe…

  • 「GBNWeapons」索引