プロヴィデンスガンダムブラックホール
  • 1256
  • 0

プロヴィデンスガンダムブラックホール

過去に紹介した、主人公ポジションのフォースインパルスガンダムエクストリーム、ライバルポジションに当たるエターナルフリーダムガンダムブルーフレアとは別ベクトルにしつつ、今度は「ラスボスポジションに相応しいMS」というコンセプトを基にし、HGプロヴィデンスガンダムを塗装し、オリジナル設定を多数盛り込みました。

機体名:プロヴィデンスガンダムブラックホール
全高:18.16m
重量:97.99t

とある国内大手の重工業メーカーが極秘裏で再設計・建造した「ZGMF-X13A プロヴィデンスガンダム」の2号機にして、闇のDG細胞という強大な力を注ぎ込まれて誕生した2号機の最強形態と言える存在。
略称は、プロヴィデンスBH。

この機体の設計には、ザフト軍から盗み出した「ZGMF-X13A プロヴィデンスガンダム」の設計データと、通常のDG細胞を遥かに凌駕する力を持つ「闇のDG細胞」が用いられており、後述する恐るべき機体性能によって、地球など星々のスケールを飛び越え、宇宙や銀河の支配・破壊すら可能にしてしまう

本家のプロヴィデンスと比較すると、胸部、両肩部、腰部、そして全身に装備されていた11基のビーム砲端末は、白と黒を基調としたデザインに変化し、頭部のブレードアンテナとその付近のフェイスカバーには、白・黒・赤のカラーリングが追加されている。また、ツインアイは、メタレッドに変化している。

本来のカラーリングは、実は本家のものと全く同一だが、闇のDG細胞の生成・制御を行う小型デバイスを、コックピットに接続してから起動させることで、本来のカラーリングのプロヴィデンスガンダムから、この形態へとカラーリングが変化し、最強形態であるこの姿へと進化を遂げる事ができる。

装甲については、PS装甲からルナチタニウム合金に変更されているが、闇のDG細胞の力を得た事で、その防御力と耐熱性は大幅に強化されており、単独でノンオプションでの大気圏突入・離脱を可能にしており、本体装甲だけでなく、内部フレームや関節部分にもルナチタニウム合金を用いたことで、機体自体が強固な設計になっている。
その防御力と耐久性は桁違いに高く、核ミサイルにも無傷で耐えるほど。また、闇のDG細胞の力があまりにも強大である為、敵の特殊能力によって、本機の機能や能力を無効化できないようになっている

動力源には、ニュークリアアンリミテッドエンジンと呼ばれる、アンリミテッドエンジンの上位互換の永久機関を搭載している。
その名の通り、核を無限に生み出す事ができ、膨大かつ無尽蔵のエネルギーを獲得している
しかし、あまりにも高出力過ぎるこのエンジンは、臨界状態に陥ると核爆発を引き起こす危険性がある。そして、闇のDG細胞の力によって、そのエネルギー量は数倍以上に高められた結果として、最悪の場合、星やブラックホールさえも呑み込み消滅させるほどに超規模な核爆発を引き起こす
ただし、コックピットに接続されている小型デバイスが、エンジンの出力を制御している為、よほどの事が無ければ臨界状態に陥る事はない。

その重装甲な見た目とは裏腹に、機動力と推進力は凄まじく、大気圏内での飛行のみならず、フォースインパルスガンダムのような三次元機動すら可能にしている。
「超高速移動」とも称されるその機動力は、フォースインパルスガンダムエクストリームのような亜光速に達するほどに高い
しかも、亜光速レベルの加速を行使しても、機体やパイロットに対するリスクが一切なく、宇宙空間、空中戦問わずに、超絶的な高機動戦闘、オプション装備なしでの大気圏突入・離脱すらも可能にしている

パワーも強化されており、デストロイガンダムのような巨体すらも軽々と片手で持ち上げるほど
運動性も高く、地上戦においても、武器を使わない徒手空拳を可能にしている。
本機のパワーと運動性も相まって、パンチやキックなどの攻撃力も、PS装甲やナノラミネートアーマーを粉砕できるほどの凄まじい威力を生み出す

武装は、頭部及び肩部に装備されたビーム砲の切り替えが可能な機関砲、大型ビームライフル、左前腕にはめ込む形で装備される複合兵器「プロヴィデンスウエポン」、ドラグーンシステムによって操作される合計11基のビーム砲端末。

必殺技は、大型ビームサーベルに紫色のエネルギーを収束させて斬りつける「ブラックホールスラッシュ」、大型ビームライフルから漆黒の極太ビームを発射する「ブラックホールキャノン」。

大型ビームライフル

肩掛け式のビームライフルであり、連射性が低いが、その威力は戦略兵器級と言われる。
ライフル自体の強度と耐久性も極めて高く、高出力ビームを直撃しても、傷一つつかない
不使用時には粒子化し、本機の内部に収納しており、必要に応じて手元に召喚できるようになっている。
ちなみに、本機のパワーの高さもあり、このライフルを片手で軽々と持ち上げる事は、造作もない。

プロヴィデンスウエポン

本家のプロヴィデンスと同様で、対ビームシールドと大型ビームサーベル、その両脇に2門のビーム砲を内蔵した複合兵装であり、左前腕にはめ込む形で装備する。
大型ビームサーベルの斬撃力は凄まじく、スペースコロニーすらも軽々と斬り刻むほど
シールドとしての強度と耐久性も高く、陽電子砲さえも軽々と防ぎ切るほど。
不使用時には粒子化し、本機の内部に収納しており、必要に応じて手元に召喚できるようになっている。

ドラグーンシステム

量子通信によって、複数のビーム砲端末を同時にコントロール・無線誘導し、全周囲からオールレンジ攻撃を行う。
ビーム砲端末は、9門のビーム砲を備えた円錐形大型タイプが3基、2門のビーム砲を装備したスクエア形小型タイプが8基、搭載されている。本機はこれだけで計43門ものビーム砲を装備していることになる。
ビーム砲1門のみの最大出力は、コロニーレーザー級の威力にまで向上している上、本機のビームライフルの威力を爆発的に増幅する機能を備えており、全てのドラグーンを近くに置いた上で、本機のビームライフルを発射する事で、発射したビームライフルを超巨大ビームとして増幅発射する事が可能。増幅発射した際の威力は、ガンマ線レーザー砲「ジェネシス」の数倍にも達しており、当然ながら地球にも甚大な被害を及ぼすほど
核ミサイルを生成して発射する機能までも併せ持つ為、凶悪かつ恐ろしい広範囲攻撃を可能とする。
砲門から高出力ビームサーベルを形成する機能も搭載されている為、突撃兵器としても高い攻撃力を誇る。
ビーム砲端末自体も、耐久性が非常に高く、高出力ビームにも耐え切るほどで、撃墜されにくくなったばかりか、むしろビーム砲端末をシールドとして活用する事もできる。
端末自体にもサブエンジンとして核エンジンが搭載されている為、ドラグーンの稼働時間も桁外れに長い。仮に核エンジンの燃料が切れても、本機から稼働に必要な核を供給する事もできる
重力下でも使用可能であり、ビーム砲端末自体の機動力も非常に高い。
総合的に、他のドラグーンシステムと比較して、使用用途や応用性が幅広い点が特徴となっている。

その圧倒的な戦闘能力は、フォースインパルスガンダムエクストリームガンダムエクシアワイルドダークマターガンダムAGE-1ハイパーレッドホッパーハーデスインパルスガンダム黄泉冥王エターナルフリーダムガンダムブルーフレアスーパーガンダムアストレアなどにも匹敵する最強クラスに相応しい。
後述の数々の特殊能力もまた、厄災の如く凶悪な力を秘めており、その力を容赦なく振るうその姿は、「破壊神」「漆黒の魔王」とも呼ばれるほど。

ブラックホールによる特殊攻撃

その名の通り、ブラックホールを形成する事ができ、ブラックホールによる攻撃で、敵を消滅させることが可能
大きさや範囲なども自在に変えられる為、MS1機を飲み込める程度の小さいブラックホールも発生させる事もできる上、その気になれば、地球や月など星一つを丸ごと飲み込める超大規模なブラックホールさえも形成が可能
ただし、ブラックホールの大きさや範囲に応じて、膨大な体力消費が発生するため、形成するブラックホールが大きければ大きいほど、体力消費による命の危険が伴う。
ブラックホールは攻撃の他にも、敵の攻撃を吸い込ませる形で、防御にも転用できる。

レイジスステム

操縦者の憎悪の強さに応じて、MSの攻撃力・防御力・機動力などのスペックを強化する。これは、フォースインパルスガンダムエクストリームのホープシステムと対を成すシステムであるが、こちらも理論上の上限がない

ワームホール形成能力

ワームホールの作り出し、別空間への移動を瞬時に行える能力。

ダークブーストシステム

生成した闇のDG細胞を本機に供給する事で、本機のニュークリアアンリミテッドエンジンのエネルギー生産量を最大100倍まで引き上げる事が可能。加えて、操縦者自身の操縦技術と本機の戦闘能力までも、最大20倍まで強化する事ができる。
ただし、エンジンのエネルギー生産量、操縦者の操縦技術、本機の戦闘能力の強化の度合いなどに応じて、操縦者にも爆発的な負担を掛けるので、乱用はできない。
このシステムは、この形態でのみ使用可能。ちなみに、レイジシステムとは全く別物であり、レイジシステムと併用・上乗せして使用する事もできる

連鎖爆発発生

手をかざすだけで、通常装甲のMSを100機まとめて跡形もなく消滅させるほどの連鎖的な爆発を引き起こす能力。

猛毒の生成

猛毒を生成して、本機がパンチやキックを叩き込むのと同時に、敵MSのコックピット内部にいるパイロットに、猛毒を注入する
特殊能力ではなく物理攻撃である為、ハイパーインパルスシールドを用いない無防備の状態であれば、フォースインパルスガンダムエクストリームが持つ特殊能力の耐性を貫通して、問題なく猛毒を注入できる
猛毒は、自分以外に解毒できず、常人なら1日で死ぬ鬼畜仕様だが、本機が消滅すれば、自動的に解毒される仕組みになっている。

このガンプラは、HGプロヴィデンスガンダムをベースにし、胸部、両肩部、腰部、そして全身に装備されていた11基のビーム砲端末を、白と黒を基調としたカラーリングに塗装しました。
悪のラスボスらしく、ツインアイは、メタレッドに変化している。

今回の塗装と独自設定は、「仮面ライダーエボル ブラックホールフォーム」をモチーフにしています。

さらに、機動武闘伝Gガンダムが由来となる「DG細胞」の上位互換「闇のDG細胞」という独自の設定を加えました。

ただ、もう少しイエローを残しておくべきだったと、後悔もしています…。

「主人公VSラスボス」の決闘シーンです。
主人公はもちろん、フォースインパルスガンダムエクストリームです(笑)

  • サイトの埋め込み

コメント0件

好きな機体は、インパルスガンダムです。 ただ、投稿する作品の機体の設定や世界観は、原作と大きく異なるものがあり、別々のガンダムシリーズの設定をクロスオーバーさせた作品もあります。 また、ガンダムシリーズのみならず、仮面ライダーなどの特撮作品も観ている為、私が投稿する作品の機体の中には、それらを参考にした独自の設定が、これでもかと言うほど満載されています。 塗装もあまり得意では無いので、温かい目で見ていただけると幸いです…。

インパルスさんがお薦めする作品0件

  • フォースインパルスガンダムエクストリーム

  • ミーティアユニット(フォースインパルスガンダムエクストリーム…

  • ムテキインパルスガンダム

ガンダムAGE-FX(オリジナルver)

数年前に組み立てた、HG1/144のガンダムAGE-FXです。 こちら…

ガンダムAGE-3ノーマル(オリジナルv…

HG ガンダムAGE-3 ノーマルを組み立てました。 ※今回の独自設定…

ミーティアユニット(フォースインパルスガ…

今回は、HG1/144スケールのミーティアユニットを、同じく1/144…

ガンダムデスサイズヘルカスタム(オリジナ…

数年前に組み立てた、HG1/144のガンダムデスサイズヘルカスタムです…

関連ガンプラ作品

HG ガンダム レギルス

アニメを見た直後の情熱で仕上げました!

HG オリジン 高機動型ザクⅡ ジョニー…

オリジンザクⅡをジョニーライデン機カラーにしてみました。

  • 0
  • rating_star11
  • 80

Re:セイバーガンダム

ジャスティスのパーツで近代化改修の上、再生産されたセイバーという設定で…

  • 0
  • rating_star34
  • 616

YMS-03d ヴァッフ改

前回のZタイプザクで余ったドムヘッドやヴァッフの肩、下半身、脚部を使い…

  • 2
  • rating_star40
  • 200