ガンダムAGE-1ハイパーレッドホッパー

ガンダムAGE-1ハイパーレッドホッパー

自分のオリジナル設定を盛り込んだガンダムAGE-1レッドホッパーの最強形態です。
こちらも、フォースインパルスガンダムエクストリームに並ぶ最強の存在として作りました。

ガンダムAGE-1レッドホッパーの頭部と胸部はそのままに、ガンダムAGE-3オービタルの両腕(肩部背面のブースターは撤去)と、ガンダムAGE-3フォートレスの下半身(腰部と両脚部)を、それぞれ装着しています。

今回のコンセプトは、「本来は実在しない仮面ライダーキックホッパーのハイパーフォームの構想する」というものです。

ただ、こちらも数年前に作ったガンプラなので、塗装剥がれがありますので、ご了承下さい。

機体名:ガンダムAGE-1ハイパーレッドホッパー 全高:17.4m 重量:17.8t [ガンダムAGE-1レッドホッパー](https://gumpla.jp/hg/352633)が、専用のGウェア「ハイパーホッパー」と合体して完成した最強形態。 略称は、AGE-1ハイパー。 この形態は、地球連邦軍の総司令官に昇進したキオ・アスノによって、「ガンダムAGE-1本来の汎用性を保ちつつ、ガンダムAGE-3オービタルの機動力と、ガンダムAGE-3フォートレスの踏破性を、1機のMSにまとめて集約する」というコンセプトを基に、極秘に製造されていた。
動力源の永久機関「アンリミテッドエンジン」は、この形態への移行によってエンジンのリミッターが解放される為、*エネルギー生産量が100倍以上に向上*し、[フォースインパルスガンダムエクストリーム](https://gumpla.jp/hg/317009)や[ガンダムエクシアワイルドダークマター](https://gumpla.jp/hg/352344)に匹敵するほどの高出力と安定性を獲得する。 膨大なエネルギーを得た事で、本機の機動力と推進力は飛躍的に上昇しており、今度は単独飛行能力だけに留まらず、*オプション装備なしでの大気圏突入・離脱すらも可能*にしている。
この形態における専用のGウェア「ハイパーホッパー」は、合体時にはそれぞれ、両腕部と両脚部として装着される。 ハイパーホッパーの内部には、エンジンやジェネレーターこそ積まれてはいないが、*アルティメット細胞が無尽蔵に生成されている為、[あちらと](https://gumpla.jp/hg/317009)[同じく](https://gumpla.jp/hg/352344)、合体状態時に「アルティメット細胞を注入する」ことで、機体性能を飛躍的に強化する仕組みになっている*。ただし、こちらは「アルティメット細胞によるエンジンの出力強化」だけは行われない。 このアルティメット細胞は、DG細胞に変化する危険や、肉体や能力を侵食される危険は一切無く、なおかつ安全に扱える強大な力として改良されている。この安全なアルティメット細胞を保有・使用できる者は、地球上に数多く存在しない為、このGウェア自体も、極めて希少な存在とも言える。 合体が解除されると、本機に注入されたアルティメット細胞は自動で消滅し、本体は元の[レッドホッパー](https://gumpla.jp/hg/352633)の状態に戻る。 一方で、「機体の受けるダメージがパイロットに伝わる」という欠点を持つ事になったが、DG細胞を使用したMSに比べて、パイロットへのダメージが大幅に緩和している。
両腕部と両脚部は、[合体前](https://gumpla.jp/hg/352633)と同じく、高エネルギー収束機器が内蔵されている。こちらは合体前よりも高出力かつ高威力のモデルとなっている。 高エネルギー収束機器を使用しないパンチとキックでも[合体前](https://gumpla.jp/hg/352633)を遥かに凌駕する威力を発揮でき、*PS装甲やナノラミネートアーマーを容易く粉砕できる*。
加えて両脚部には、[合体前](https://gumpla.jp/hg/352633)と同様に、ジャンプ力を高めるハンマー機構「ジャンピングアンカー」を内蔵しており、驚異的なジャンプ力を発揮できる。
格闘性能に特化した調整が施されている為、合体前のレッドホッパーよりも重量は増加しているものの、本機の可動域は広く、運動性は[合体前](https://gumpla.jp/hg/352633)から大幅に上がっている。 アルティメット細胞の力を手に入れた結果として、防御力と耐久性も大幅に高められており、*本体である頭部及び胸部も含めて、陽電子砲の直撃にも耐えられるほど*。 また、[フォースインパルスガンダムエクストリーム](https://gumpla.jp/hg/317009)と同じく、「アルティメット細胞を使用するMSの適合率が高い場合、そのMSはあらゆる敵の特殊能力に対する耐性を獲得する」という、アルティメット細胞が持つ固有の特性が具現化されている為、*あらゆる敵の特殊能力を受けない強力な耐性を獲得している*。 これにより、*本機とパイロットは、周囲の時間が停止しても自由に問題なく動ける他、タイムパラドックスが発生しても現代に存在する事ができる*。
武装は、実体剣としても扱える高出力ビームライフル「ホッパーロングキャノン」と、両腕の装甲内に1本ずつ格納されているビームサーベル。 この形態では、合体前のハイキックなどの多彩な蹴り技を主体とする格闘戦だけでなく、徒手空拳やビームサーベルによる格闘戦、ホバー走行による踏破性の高さを生かした重力下での砲撃戦を得意としている。 必殺技は、ジャンピングアンカーによって高く飛躍する大ジャンプ「ホッパージャンプ」、右腕に緑色のエネルギーを収束させたパンチ「ホッパーパンチ」、左脚に力強い朱色のエネルギーを収束させたキック「ホッパーキック」、ホッパーロングキャノンから超巨大なビームサーベルを発生させて敵を斬りつける「ハイパーホッパータイフーン」、ホッパーロングキャノンから竜巻状のビームを放つ「ハイパーホッパーフレア」。
## ホッパーロングキャノン ガンダムAGE-3オービタルのシグマシスロングキャノンの発展型と言える大型兵器で、通常時はリアスカート内部の小型コンテナに粒子化して収納しており、必要に応じて手元に召喚できる。 「キャノン」の名の通り、ビームライフルとしては破格の威力を誇り、通常のMSなら一撃で数機まとめて撃破できる。 砲身先端の鋭利な部分は、剣や槍のように扱える為、高い斬撃力・貫通力を発揮する他、攻撃を防ぐシールドとしても使用できる。 強度と耐久性も極めて高く、[フォースインパルスガンダムエクストリームのプリズムソード](https://gumpla.jp/hg/317009)や[ガンダムエクシアワイルドダークマターのダークネスアックス](https://gumpla.jp/hg/352344)の斬撃をも受け止められるほど。 このホッパーロングキャノンによって、本機の火力は、[合体前](https://gumpla.jp/hg/352633)より大幅に向上している。
## ビームサーベル [合体前](https://gumpla.jp/hg/352633)と同系統の武装であり、両腕の装甲内に1本ずつ、計2本格納されている。 こちらは、格納状態のままでもビーム刃を展開して使用できる。 また、出力調整を行う事で、ビームダガーとしても使用可能。 その最大出力・斬撃力は、[合体前](https://gumpla.jp/hg/352633)の3倍に強化されている。
本機は、*[フォースインパルスガンダムエクストリーム](https://gumpla.jp/hg/317009)、[ガンダムエクシアワイルドダークマター](https://gumpla.jp/hg/352344)に匹敵する最強クラスの戦闘能力*に加えて、全般に渡るDG細胞無効化能力、ホバリング機能による圧倒的な踏破移動能力など、以下の特殊能力や機能を持つ。 ## DG細胞無効化能力 新技術を導入した事で獲得した特殊能力であり、その名の通り*DG細胞の由来する敵の能力を全て無効化する事ができる*。 これにより、*アルティメット細胞やDG細胞に頼らずに、DG細胞の破壊を可能にしており、DG細胞を使用したMSに対しても、優位に戦えるようになっている*。 一方で、本機のパイロットが味方と認識した機体のDG細胞を無効化しないように調整する機能も備わっている為、味方のDG細胞は無効化される事は無い。 ただし、[アルティ](https://gumpla.jp/hg/317009)[メット](https://gumpla.jp/hg/352344)[細胞](https://gumpla.jp/hg/338255)、[闇の](https://gumpla.jp/hg/330884)[DG細胞](https://gumpla.jp/hg/337189)、[オリジナルのDG細胞](https://gumpla.jp/old/346042)を使用したMSに対しては、全く効果は無い。 また、DG細胞を生産する事ができるエンジンや、DG細胞自体を能力や機能の発動のエネルギー源に用いる特性や機能、無効化する事ができない。 元々本機は、[フォースインパルスガンダムエクストリーム](https://gumpla.jp/hg/317009)のような特殊能力の影響を防ぐ耐性は備わっていないが、本機のDG細胞無効化能力によって、DG細胞の力による影響を防ぐ事ができる為、間接的な特殊能力に対する耐性になっている。 *その有効範囲は、半径10kmに及ぶ*。 ## ホバリング機能 両脚部に搭載された機能で、重力下における砂漠地帯や湿地帯、水上などを高速でホバー移動できる圧倒的な踏破性を本機に与える。 ホバー移動と飛行能力を加味したその機動力は、*亜光速に達する加速を可能にする*ほどで、[フォースインパルスガンダムエクストリーム](https://gumpla.jp/hg/317009)や[ガンダムエクシアワイルドダークマター](https://gumpla.jp/hg/352344)にも匹敵するレベルな上、宇宙空間、空中戦問わずに、超絶的な高機動戦闘を可能にしている。 ただし、パイロットに対する負担やリスクも相応に高く、この機動力をフルに活用するには、パイロットの高い技量が要求される。
キオ・アスノによって極秘で製造された形態だったのだが、その目的は、[冤罪で連邦軍を追放された元士官](https://gumpla.jp/hg/352633)に、その件で謝罪をした上で、協力関係を結び、民間人や力なき者を守る事に活用してもらう為である。 キオ自身は、彼を「敵」としてではなく、1人の「人間」として接し、その士官もまた、キオの誠意を理解し、このハイパーホッパーを受け取り、この形態を使用するようになったのだ。
  • サイトの埋め込み

コメント0件

好きな機体は、インパルスガンダムです。 ただ、投稿する作品の機体の設定や世界観は、原作と大きく異なるものがあり、別々のガンダムシリーズの設定をクロスオーバーさせた作品もあります。 また、ガンダムシリーズのみならず、仮面ライダーなどの特撮作品も観ている為、私が投稿する作品の機体の中には、それらを参考にした独自の設定が、これでもかと言うほど満載されています。 塗装もあまり得意では無いので、温かい目で見ていただけると幸いです…。

インパルスさんがお薦めする作品0件

  • フォースインパルスガンダムエクストリーム

  • ミーティアユニット(フォースインパルスガンダムエクストリーム…

  • ムテキインパルスガンダム

ガンダムAGE-FX(オリジナルver)

数年前に組み立てた、HG1/144のガンダムAGE-FXです。 こちら…

ガンダムAGE-3ノーマル(オリジナルv…

HG ガンダムAGE-3 ノーマルを組み立てました。 ※今回の独自設定…

ミーティアユニット(フォースインパルスガ…

今回は、HG1/144スケールのミーティアユニットを、同じく1/144…

ガンダムデスサイズヘルカスタム(オリジナ…

数年前に組み立てた、HG1/144のガンダムデスサイズヘルカスタムです…

関連ガンプラ作品

ガンダムアストレイ レッドフレーム セカ…

ブルーフレームセカンドLをレッドフレームに塗装しました レッドフレーム…

ゴールデン・GM・ザ・ライトニング

HGジムにラッピングシールを貼り 疑似的に金メッキ仕上げっぽいものに挑…

HGAC ガンダムヘビーアームズ

新機動戦記ガンダムWより、ガンダムヘビーアームズです。一部パーツの塗装…

ガンダムシュバルツリッター

ガンダムシュバルツリッター完成しました! 大剣に一目惚れして購入しまし…