ガンダムエクシアワイルドダークマター

ガンダムエクシアワイルドダークマター

自分のオリジナル設定を盛り込んだガンダムエクシアマンティスの最強形態であり、フォースインパルスガンダムエクストリームに並ぶ最強のライバルとして作りました。

今回のキットは、HGのガンダムエクシアダークマターを使用しつつ、両翼部分のダークマターブレイドをメタバイオレットで一部塗装していますので、頭部を除いて、カラーリング自体は、ベースとほとんど変化はありません。
そして、このガンダムエクシアダークマターを選んだ理由は、単純に「ライバルキャラに相応しく、カッコ良かった」からです。

こちらも数年前に作ったガンプラなので、塗装剥がれがありますので、ご了承下さい。

機体名:ガンダムエクシアワイルドダークマター 全高:16.5m 重量:16.4t ワイルドダークマターブースターと合体した[ガンダムエクシアマンティス](https://gumpla.jp/hg/352119)の最強形態。略称は、エクシアWD。 合体のプロセスとして、ワイルドダークマターブースターが[エクシアマンティス](https://gumpla.jp/hg/352119)の背部に現れ、それと同時にエクシアマンティスのカラーリングとフォルムは、赤と黒を基調とした禍々しい本形態のものに変化し、その直後ワイルドダークマターブースターが合体し、プロセスが完了する。
※頭部は通常のエクシアと同じものを使い、「邪悪な力を自分の意思で制した」「エクシアとしての印象を一部保った上で、ダークマターに進化した」というイメージを醸し出してみました。
ワイルドダークマターブースターには、アルティメット細胞を生み出す永久機関「アルティメット細胞動力エンジン」が搭載されており、*合体状態時にアルティメット細胞を注入する*ことで、*機体性能を飛躍的に強化する*。 このアルティメット細胞は、*DG細胞に変化する危険や、肉体や能力を侵食される危険は一切無く*、なおかつ安全に扱える強大な力として改良されている。この安全なアルティメット細胞を保有・使用できる者は、地球上に数多く存在しない為、このブースター自体も、極めて希少な存在とも言える。 ワイルドダークマターブースターとの合体が解除されると、本機に注入されたアルティメット細胞は自動で消滅し、元のエクシアマンティスの状態に戻る。 DG細胞の副作用と同じように、本機が受けたダメージがパイロットにも伝達するという欠点はあるが、DG細胞を使用したMSに比べて、パイロットへのダメージが大幅に緩和している。
アルティメット細胞という凄まじい力を手に入れた事で、パワー・攻撃力・機動力・運動性・防御力・耐久性など、*全ての面で[合体前](https://gumpla.jp/hg/352119)から飛躍的に強化されている*。 特に*アンリミテッドエンジンのエネルギー生産量が100倍以上に向上*し、核エンジンを上回る莫大なエネルギーを獲得している。 高エネルギー収束機器を使わずとも、通常のパンチやキックによる攻撃力は、*PS装甲やナノラミネートアーマーをも軽々と粉砕する*。そして、エネルギーの向上により、両腕と両脚の高エネルギー収束機器の常時使用が可能になっている。 「超高速移動」とも称されるその機動力は、*亜光速に達する途轍もないレベルにまで高められている*。しかも、亜光速レベルの加速を行使しても、機体やパイロットに対するリスクが一切発生せず、宇宙空間、空中戦問わずに、超絶的な高機動戦闘や、*オプション装備なしでの大気圏突入・離脱すらも可能*にしている。 総合的な機動力は、[フォースインパルスガンダムエクストリーム](https://gumpla.jp/hg/317009)に匹敵する。 防御力も大幅に強化されており、通常のビームライフル程度の威力では、本機・パイロットには、傷一つ与えられない程。 また、[フォースインパルスガンダムエクストリーム](https://gumpla.jp/hg/317009)と同じく、「アルティメット細胞を使用するMSの適合率が高い場合、そのMSはあらゆる敵の特殊能力に対する耐性を獲得する」というアルティメット細胞が持つ固有の特性が具現化されている為、*あらゆる敵の特殊能力を受けない強力な耐性を獲得している*。 これにより、*本機とパイロットは、[周囲の時間が停止しても](https://gumpla.jp/hg/351082)自由に問題なく動ける他、タイムパラドックスが発生しても現代に存在する事ができる。*
武装は、両手首に内蔵されたビームバルカン「GNバルカン」と、長い柄の巨大な実体斧「ダークネスアックス」、遠距離射撃用のビームライフル「ワイルドライフル」、2本の実体剣「GNロングブレイド」、ワイルドダークマターブースターの両翼部分を分離・変形させて手持ち武器として使用できる「ワイルドダークマターブレイド」。 ただし、[合体前](https://gumpla.jp/hg/352119)において腰背部に装備していたビームサーベルは無くなっている。 この形態では、アクロバティックな動きによる強襲戦、多彩な近接武器による白兵戦と中近距離戦を得意とする。 必殺技は、GNロングブレイドを持ちながら高速回転して突撃しドリルキックを放つ「マンティスアタック」、両手のGNロングブレイドで敵を滅多斬りにした後から右手に持っているGNロングブレイドによる一撃で叩き斬る「マンティスカッティング」、右脚に明るい紫色のエネルギーを収束させたジャンプキックか回し蹴りを放つ「エクシアキック」、ワイルドライフルから紫色の衝撃波のようなビームを放つ「ダークネスワイルドサイクロン」、ダークネスアックスの刀身部に紫色に輝くビーム刃を収束させて敵を斬りつける「ダークネスワイルドブレイカー」。
## ダークネスアックス 刃部は実体兵器だが、アルティメット細胞から得られる強大な力によって、表面は見えないビームサーベルを纏った状態になっており、凄まじい斬撃力を発揮し、*PS装甲やナノラミネートアーマーはおろか、巨大な要塞や小惑星すらも切断してしまう*ほどの驚異的な攻撃力を誇る。 また、実体兵器でありながら、ビームサーベルと「斬り結ぶ」こともできる。 不使用時にはワイルドダークマターブースター内部に粒子化して収納しており、必要に応じて手元に召喚できる。 ※ この武装は、コトブキヤのものを使いました。刃部は、メタバイオレットで塗装しています。
## ワイルドライフル 他のスナイパーライフル系のビームライフルを凌駕する命中精度を兼ね備えた片手持ち式の大型ビームライフル。 本機からのエネルギー供給によって、凄まじい破壊力と貫通力を誇り、*PS装甲やナノラミネートアーマーだけでなく、戦艦やコロニーに巨大な穴を開けるほど*。 不使用時にはワイルドダークマターブースター内部に粒子化して収納しており、必要に応じて手元に召喚できる。 ※ この武装も、コトブキヤのものを使いました。
## GNロングブレイド [合体前のエクシアマンティス](https://gumpla.jp/hg/352119)と全く同じ武装だが、不使用時にはワイルドダークマターブースター内部に粒子化して収納しており、必要に応じて手元に召喚できるようになった。 この形態で使用する際も、攻撃力が飛躍的に高まっている為、以前よりもPS装甲やナノラミネートアーマーを容易く斬り刻めるようになっており、主武装であるダークネスアックスよりも使い勝手が良い。
## ワイルドダークマターブレイド ワイルドダークマターブースターの両翼部分を分離・変形させて使用できる手持ち武器。 こちらも、PS装甲やナノラミネートアーマーを両断するほどの切断力を誇る。また、両翼部にマウントした状態でも、すれ違いざまに敵を斬り裂く事が可能。 ただ、ダークネスアックスとGNロングブレイドがメインウエポンとして扱われる為、こちらは予備兵装となる。 ※この武器のカバー部分は、メタバイオレットで塗装しています。
本機は、*[フォースインパルスガンダムエクストリーム](https://gumpla.jp/hg/317009)に匹敵する最強クラスの戦闘能力*に加えて、DG細胞破壊能力、超破壊能力、ホープシステムなど、以下の特殊能力を持つ。 ## DG細胞破壊能力 本機の攻撃の際にアルティメット細胞による特殊な粒子を纏い、敵の持つDG細胞を破壊する。 *[闇のDG細胞を](https://gumpla.jp/hg/330884)[持っている機体やパイロット](https://gumpla.jp/hg/337189)に対しても、一定のダメージを与える事ができ*、[DG細胞を](https://gumpla.jp/hg/338255)[使用するMS](https://gumpla.jp/old/346042)に対するアドバンテージを得ている。 ## 超破壊能力 アルティメット細胞から生成される「ダークミスティ」と呼ばれる特殊な粒子を、本機や武器に纏って攻撃する事で、*あらゆる物体を分解・霧散・消滅させる*。 ダークミスティは、*本機とパイロット以外のあらゆる物体を分解・霧散・消滅させる*危険な代物。これを攻撃に用いる事で、*必殺技はおろか武器を使うまでもなく、通常のパンチやキックなどの物理攻撃が、一撃でも直撃するだけで、どれほど巨大な物体であろうとDG細胞を使用した機体であろうとも、いとも簡単に敵を消滅させてしまう*。 さらに、ダークミスティの副次的な効果として、*本機が攻撃した箇所から、その機体に搭乗するパイロットにも、凄まじいダメージを与えられる*。 これは、「受けたダメージがパイロットに伝達する」という副作用があるDG細胞と全く無関係の効果である為、*アルティメット細胞や闇のDG細胞を使用した機体であってもそうでなくても、関係なくパイロットにダメージを与えられる。* ただし、この能力を以ってしても、[本機と同様に](https://gumpla.jp/hg/317009)[特殊能力](https://gumpla.jp/hg/353266)[に対する](https://gumpla.jp/hg/338255)[耐性を持つ機体](https://gumpla.jp/hg/330884)や[細胞の力が強すぎるため](https://gumpla.jp/hg/337189)[特殊能力や機能を無効化できない機体](https://gumpla.jp/old/346042)については、消滅させる事は不可能で、[フォースインパルスガンダムエクストリームのハイパーインパルスシールド](https://gumpla.jp/hg/317009)に至っては傷一つ付けられない。 また、この能力を行使する際、パイロットにも負担が掛かる為、乱用はできない。 ちなみにこの能力は、DG細胞破壊能力とは全く無関係で備わっているものである。 ## ホープシステム *パイロットの意志の強さに比例*して、機動力・パワー・反応速度・防御力などの*機体性能や、パイロットの戦闘能力を強化する*システムであり、*理論上戦闘能力の上限が無くなる*。 これにより、本機よりも強い敵が現れても、パイロットの意志が強ければ強いほど、本機のスペックと戦闘能力が強化され、その敵に対抗できる、または敵を凌駕できるようになる。 また、このシステムの本質は、*想いを力へと代える現象そのもの*である為、パイロットの感情が昂ぶる事で、*バリア非搭載機のバリア展開、死者との交信、果ては想定外の超常現象を発生させるなど、新しい特殊能力を発現・獲得させる*事が可能。 そして、「ホープシステム」自体は、この形態に一度でも進化できれば、*わざわざこの形態にならなくても、[進化前](https://gumpla.jp/hg/352119)でも使用可能*になる。その場合、流石に強化の度合いと振り幅は落ちるが、戦闘能力の上限が無い点には変わらない。 [フォースインパルスガンダムエクストリーム](https://gumpla.jp/hg/317009)にも、これと全く同じシステムが搭載されている。
※今回の最大のモチーフは、仮面ライダーワイルドカリスです。また、一部の設定は、仮面ライダーオーズ プトティラコンボを意識したものを加えています。
  • サイトの埋め込み

コメント0件

好きな機体は、インパルスガンダムです。 ただ、投稿する作品の機体の設定や世界観は、原作と大きく異なるものがあり、別々のガンダムシリーズの設定をクロスオーバーさせた作品もあります。 また、ガンダムシリーズのみならず、仮面ライダーなどの特撮作品も観ている為、私が投稿する作品の機体の中には、それらを参考にした独自の設定が、これでもかと言うほど満載されています。 塗装もあまり得意では無いので、温かい目で見ていただけると幸いです…。

インパルスさんがお薦めする作品0件

  • フォースインパルスガンダムエクストリーム

  • ミーティアユニット(フォースインパルスガンダムエクストリーム…

  • ムテキインパルスガンダム

ガンダムAGE-FX(オリジナルver)

数年前に組み立てた、HG1/144のガンダムAGE-FXです。 こちら…

ガンダムAGE-3ノーマル(オリジナルv…

HG ガンダムAGE-3 ノーマルを組み立てました。 ※今回の独自設定…

ミーティアユニット(フォースインパルスガ…

今回は、HG1/144スケールのミーティアユニットを、同じく1/144…

ガンダムデスサイズヘルカスタム(オリジナ…

数年前に組み立てた、HG1/144のガンダムデスサイズヘルカスタムです…

関連ガンプラ作品

RG サザビー

1/144 リアルグレード MSN-04 SAZABI です。 2~3…

RG クロスボーンガンダムフルクロス

HGガンダムバルバトスルプスレクス"Me…

HGバルバトスルプスレクスをイジり倒して、 MetalRobot魂版に…

GNフラッグ ver.GK(グラ狂)

Twitterで始めた 私の取るに足らないGNフラッグ制作記・・・全1…

  • 1
  • rating_star113
  • 784