GUNSTA

コピーできました!

エターナルフリーダムガンダムブルーフレア
  • 2632
  • 0

エターナルフリーダムガンダムブルーフレア

過去に紹介したフォースインパルスガンダムエクストリームのライバルポジションに相応しいMS、というコンセプトを基にしつつ、HGCEフリーダムガンダムを塗装し、こちらにもオリジナル設定を多数盛り込み、悪役チックに仕上げました。

エターナルフリーダムガンダムブルーフレア アピールショット1
機体名:エターナルフリーダムガンダムブルーフレア
全高:18.03m
重量:19.58t
ザフト軍を脱走したある科学者が、極秘裏に再び建造した「ZGMF-X10A フリーダム」の2号機であり、その最強形態と言える存在。
略称は、フリーダムE。

白とダークブルーを主体としつつも両腕部のみ青に彩られたカラーリングと、背部に装備されたダークブルーの左右5対の複合可変翼「エターナルローブウイング」、ナイフ型の専用装備である「エターナルエッジ」が特徴。

この機体には、独自に入手していた*「アルティメット細胞」*、そして通常のDG細胞を遥かに超える力を秘めた*「闇のDG細胞」*を、同時に使用した事で、圧倒的な性能強化がもたらされた。そして、更なる新技術が加えられた事で、本家のフリーダムをも遥かに超える存在となったのだ。
エターナルフリーダムガンダムブルーフレア アピールショット2
元々のカラーリングは、実は本家のものと全く同一になるはずなのだが、*アルティメット細胞及び闇のDG細との完全適合が可能なパイロットが搭乗する事で、最強形態であるこの姿へと変化を遂げる事ができる。*
*後述する新規武装や特殊能力は、全て本家には存在しない専用のものである。*

装甲は、PS装甲から*ルナチタニウム合金*に変更されており、実体弾に対する防御力と耐熱性は非常に高く、*単独でノンオプションでの大気圏突入を可能*にしており、本体装甲だけでなく、内部フレームや関節部分にもルナチタニウム合金を用いたことで、機体自体が強固な設計になった。また、アルティメット細胞と闇のDG細胞の力を得た事で、その防御力は大幅に強化されている。
加えて、アルティメット細胞と闇のDG細胞との完全適合によって、*ジャマーやハッキング、妨害電波などの耐性*だけでなく、*状態異常を引き起こす能力、時間停止や時間改変などの時間操作能力の影響なども含めた、あらゆる敵の特殊能力を受けない恐ろしく強力な耐性を獲得した。*
これによって*本機とパイロットは、周囲の時間が停止しても自由に問題なく動ける他、タイムパラドックスが発生しても現代に存在する事ができるようになった。*
動力源は、*永久機関「アンリミテッドエンジン」*が搭載されている。その名の通り、*永久的にエネルギーを生み出し、それを電力に変換するシステム。*単位時間あたりに生産できるエネルギー量が決まっている為、消費量が供給量を上回れば一時的なエネルギー切れに陥ることはあるが、*生み出せるエネルギー量は、核エンジンとは比較にならない程に膨大である。しかも、アルティメット細胞と闇のDG細胞を同時使用した結果、安全な状態のまま、極めて高い出力とパワーを引き出せるようになった。*
エターナルフリーダムガンダムブルーフレア アピールショット3
背部の左右5対の複合可変翼は、*「エターナルローブウイング」*と呼ばれており、内蔵されたマイクロスラスターと翼自体の形状変化により、極めて高い空力制御を実現できる。機能的には本家のフリーダムと同様で、こちらもMSの常識を超えたアクロバティックな三次元機動を可能にする圧倒的な運動性を発揮する。
さらにこのエターナルローブウイングは、本来移動手段として用いられるが、*ウイング自体の堅牢性と柔軟性は極めて高く、熱・冷気・電気・打撃などの攻撃を無効化でき、高出力ビーム・レールガンやミサイルなどの実体兵器・核兵器すらも防ぎ切る。*この防御性能の高さとしなやかさを生かして、ウイングをマントの如くはためかせながら敵にぶつけたり、なびかせて目隠しに用いるなど、使用方法によっては効果的な攻撃や防御にも転用できる。また、*ウイングの設置箇所の関係上、背後からの不意打ちはほとんど通用しない。*
もちろん本家と同様に、背面に内蔵されたメインブースターも凄まじい推進力を誇り、その推力だけで、地球環境の重力下を自在に飛行できる。

この為、エターナルローブウイングを展開せずとも、非常に高い機動力を誇るが、エターナルローブウイングを広域展開する形態「ハイマットモード」に移行する事で、その機動性と旋回性は大幅に向上する。
*その驚異的な機動力は、[フォースインパルスガンダムエクストリーム](https://gumpla.jp/hg/317009)のように亜光速にも達するほど凄まじく、*宇宙空間、空中戦問わずに、超絶的な高機動戦闘、*オプション装備なしでの大気圏突入・離脱すらも可能*にしている。

攻撃面も強力で、両腕部と両脚部には高エネルギー収束機器が内蔵しており、*単純なパンチやキックだけでも、PS装甲やナノラミネートアーマーをも粉砕できる高い攻撃力を発揮する。*
エターナルフリーダムガンダムブルーフレア アピールショット4
エターナルフリーダムガンダムブルーフレア アピールショット9
武装は、ファンタジーナイフ型の実体兵器「エターナルエッジ」、中距離戦闘用携帯型ビームライフル、専用ビームシールド、腰部サイドアーマーの上部にマウントされている2本のビームサーベル、頭部に搭載された機関砲2門、腰部に取り付けられた三つ折り式レールガン「クスィフィアス」、背部の可変翼の中に一門ずつ収納されているプラズマ収束ビーム砲「バラエーナ」。

新規武装であるエターナルエッジ以外は、本家のフリーダムとほぼ同様の装備であるが、各武装の出力や耐久性は、大幅に強化されている。
機関砲も、本機からの永久的な弾薬生成が行える為、弾薬数に制限が無く、威力調整も可能で、対人用、牽制用、MSの撃破など、極めて幅広い運用が可能となっている。そして、最大限まで高めた威力は凄まじく、PS装甲やナノラミネートアーマーをも蜂の巣にしてしまう。

なお、エターナルエッジ、ビームライフル、ビームシールドは、*それぞれ粒子化して、本機の内部に収納することも可能で、必要に応じて手元に召喚できる。*

本機は、エターナルエッジを駆使した近接格闘戦を得意とする。
エターナルフリーダムガンダムブルーフレア アピールショット10
## エターナルエッジ
この形態でのみ使用可能になる専用武装。
刃部が短いながらも、アルティメット細胞と闇のDG細胞から得られる強大な力によって、表面は見えないビームサーベルを纏った状態になっており、*PS装甲やナノラミネートアーマーはおろか、巨大な要塞や小惑星すらも切断してしまうほどの驚異的な攻撃力を誇る。*
また、実体兵器でありながら、ビームサーベルと「斬り結ぶ」こともできる。
その他にも、投擲攻撃やエネルギー刃を飛ばす等の応用によって、範囲攻撃をも可能にしている。
エターナルフリーダムガンダムブルーフレア アピールショット11
この機体も、*[フォースインパルスガンダムエクストリーム](https://gumpla.jp/hg/317009)、[ガンダムエクシアワイルドダークマター](https://gumpla.jp/hg/352344)、[ガンダムAGE-1ハイパーレッドホッパー](https://gumpla.jp/hg/353266)、[ハーデスインパルスガンダム黄泉冥王](https://gumpla.jp/hg/338255)、[スーパーガンダムアストレア](https://gumpla.jp/old/346042)、[プロヴィデンスガンダムブラックホール](https://gumpla.jp/hg/337189)などに匹敵する最強クラスの戦闘能力を誇る。*加えて、最大の特徴である以下の特殊能力や必殺技によって、その凶悪さが際立つ。

## デビルシステム
*パイロットの残虐さ、冷酷さ、非情さと言った、邪悪な精神力の強さに比例*して、機動力・パワー・反応速度・防御力などの*機体性能や、パイロットの戦闘能力を強化するシステム*。[フォースインパルスガンダムエクストリームのホープシステム](https://gumpla.jp/hg/317009)と同じく、*理論上では強化される戦闘能力の上限が無い。*

## レクイエムバースト
本機から特殊な電磁波を広範囲に放ち、*本機以外の機械や電子機器、さらにパイロット以外の生命活動そのものを、永続的に停止させてしまう恐ろしい必殺技。*
この電磁波の影響は凄まじく、*本機以外のMSや戦艦のシステムやエンジンなど全ての機能を強制停止させてしまう。*
また、生命活動自体を停止させる性質上、パイロット以外の周辺に存在する生命体、すなわち*相手の命を文字通り永遠に止めてしまう事すら可能にし、不死身のゾンビさえも死に至らしめてしまう。*
さらに、*核、GN粒子、DG細胞も例外ではなく、それらを用いたエネルギー源やその運動活動、自己再生や自己進化をはじめとした特殊能力が、永続的に強制停止・自動消滅してしまう。*
そして核に関しては、*核融合や核分裂を停止させる事ができ、果てはレクイエムバーストを発動する直前に発生した核爆発や水素爆破さえも、一瞬で爆風と放射線を強制的に収めて停止させてしまう。*
全ての核分裂を抑制する「ニュートロンジャマー」と比較しても、こちらの方が影響力は遥かに強い。
しかし、この電磁波は、アルティメット細胞や闇のDG細胞に対しては、一応ある程度の動きや一部の特殊能力を抑制する事は可能だが、活動そのものを停止させるまでは至らない。また、状態異常に対する強い耐性を持つ[フォースインパルスガンダムエクストリーム](https://gumpla.jp/hg/317009)に至っては、全く影響を与えられない。

## レクイエムヘルブレイク
青い炎のようなエネルギーを纏ってキックを放つ必殺技。
エネルギー消費が激し過ぎる為、超高出力である本機のアンリミテッドエンジンと言えど、連発して放つ事は出来ないが、*その威力はとてつもなく、あらゆる惑星やブラックホール、果ては世界そのものを、永遠に破壊してしまう*ほど。さらには*「永遠に停止させる」事が可能な特性故に、それらを再生・復元・修復させる事は不可能であり、単なる焼き直しではなく、全く新しく創造する以外、元の形に戻す方法は無い。*
また、流石に[フォースインパルスガンダムエクストリームのハイパーインパルスシールド](https://gumpla.jp/hg/317009)は破壊どころか傷一つ付ける事すら不可能だが、防ぐ反動の強さを生かして、遠くに吹っ飛ばす事はできる。
また、単純にジャンプキックを放つだけでなく、*上記のレクイエムバーストを発動させて、その効果で敵の動きを封じた後に攻撃を放ち、相手を文字通り“地獄”へと送るえげつないコンボが存在する。*
通常のキックのパターン以外にも、動けなくなった敵MSのパイロットを本機のキックでコックピットごと蹴り殺すパターンや、敵MSの動きを封じた後にエネルギーを足先に集中させて∞の軌跡を描くスピニングキックへと繋げて強烈なダメージを負わせるパターンが存在する。

## エターナルブラッディブレイド
エターナルエッジの刀身部に青い炎のようなエネルギーを収束させて敵を斬りつける必殺技。
直接敵を斬りつけるパターンの他にも、エターナルエッジの刀身部を包み込むように発生した青い炎のようなエネルギーを斬撃と共に飛ばすパターンが存在する。
こちらは、飛ばせる斬撃の幅は広く、相手に直撃しなくても着弾地点で爆発を起こす。
エターナルフリーダムガンダムブルーフレア アピールショット12
このガンプラは、HGCEフリーダムガンダムをベースにし、胸部とウイングのほとんどを白とダークブルーにしつつ、両腕部だけを青で塗装しています。
エターナルエッジには、コトブキヤのファンタジーナイフのパーツに、一部ホワイトに塗装したものです。

今回の塗装と独自設定は、「仮面ライダーエターナル ブルーフレア」をモチーフにしています。
その為、ハンドパーツのサムズダウンも、再現してみました。

さらに、機動武闘伝Gガンダムが由来となる「DG細胞」に、上位互換として「闇のDG細胞」という独自の設定を加えて、ダークヒーロー的なデザインに仕上げました。
  • サイトの埋め込み

コメント0件

好きな機体は、インパルスガンダムです。 ただ、投稿する作品の機体の設定や世界観は、原作と大きく異なるものがあり、別々のガンダムシリーズの設定をクロスオーバーさせた作品もあります。 また、ガンダムシリーズのみならず、仮面ライダーなどの特撮作品も観ている為、私が投稿する作品の機体の中には、それらを参考にした独自の設定が、これでもかと言うほど満載されています。 塗装もあまり得意では無いので、温かい目で見ていただけると幸いです…。

インパルスさんがお薦めする作品0件

関連ガンプラ作品

  • rating_star20
  • rating_star36